« さわやかな神代植物園 初夏の香り Refreshing breeze in Jindai botanical garden | トップページ | プレミアムフライデー ちょっとだけ  ”Premium Friday” short break »

2017年5月13日 (土)

牧野記念庭園 Makino memorial garden

少しアップが遅くなりましたが、連休の最後に、練馬の大泉にある牧野記念庭園に行ってきました。ここは、日本の植物学の父と呼ばれる牧野富太郎博士の晩年の住まいであった場所を記念庭園として整備されているところです。

Img_3724

Sorry, but my upload is a little bit delayed, I visited Makino memorial garden in the last long weekend. Dr. Tomitaro Makino is very famous botanist and called “a Father of Japanese botany” and garden is constructed on the place Dr. Makino's residence in his latter years.

展示館には、牧野博士のスケッチや書斎が再現され興味深い展示がいっぱいです。あちこちに牧野博士の写真もありますが、ハンサムな方ですが、表情も豊かな方だったようです。

Img_3678

Img_3702

In a exhibition room, many interesting matters are presented such as his sketches or library. Observing from his pictures, looks very handsome guy, and very rich expressive face.

なんといっても、このスケッチの緻密さには驚かされます。

Img_3679

I was astonished at precise sketches.


庭は、個人の庭であったところなので、広くはないですが、日本の固有種である植物を中心に落ち着いた雰囲気です。

Img_3605_1


The garden is not so large since used be as his private garden, however planted mainly native species with calm and pleasant atmosphere.

ちょうど、色々なエビネランが咲いていました。
I found many colors of Calanthe orchid flowers.


Img_3628_1


Img_3623_1


Img_3631_1


Img_3690_1

Calanthe discolor/ Calanthe Orchid/ エビネラン

日本のスズランやキンポウゲも咲いていました。
This “lily of the volley” is native variety of Japan “Convallaria majalis var. keiskei”.
Native Japanese ranunculus “Ranunculus japonicus or Japanese butter cup” is smaller and simpler than Europian ranunculus.

Img_3655_1

Convallaria majalis var. keiskei/ Lily of the Valley/ スズラン(日本種)

Img_3665_1

Ranunculus japonicus/ Japanese Buttercup/ キンポウゲ

ニワゼキショウは日本固有種かと思いましたが、アメリカのテキサスの原産でした。
I was thinking a “blue-eyed-grass” was also native but it was from Texas USA.

Img_3609_1

Sisyrinchium rosulatum (Sisyrinchium angustifolium )/Annual Blue Eyed Grass/ニワゼキショウ

日本人として初めて植物学的に新種として分類し命名したヤマトグサや奥さんに感謝してその名を献名したスエコザサもこっそりと咲いていました。
The plants planted such as Theligonum japonica or Japanese bamboo Suekozasa are not so attractive but important not only for his achievement but also for Japanese botanical world.

Img_3723_1

Theligonum japonica (Cynocrambe japonica)/Theligonum japonica/ ヤマトグサ

Img_3602_1

Sasaella ramosa var. suwekoana/Japanese bamboo Suekozasa/ スエコザサ

昭和天皇の「雑草という名の草はない」というお言葉は、牧野博士の言葉からきていると言われています。
The famous word by Emperor Showa Hirohito "There was no such word as weed. Every plant had its name." was told that its coming from words of Dr. Makino.

学生時代に高くて手が出なかった牧野植物図鑑、また欲しくなりました。
The famous encyclopedia “Makino's Illustrated Flora of Japan” I could not afford when I was student since too expensive. It is still expensive but I wish I can buy now.

よろしければ、日本ブログ村のバナーもポチッとしていただければ嬉しいです。励みになります。
I would like to appreciate your click on banners below for voting .


にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

花や植物の名前などで色の変わったところをクリックすれば、別のホームページにリンクして、もう少し詳しいデータや写真が見られます。You can find more data or pictures in my another website by clicking name of flowers in changed color.

このブログで紹介しきれなかった花の写真なども含めて、別のホームページ 「Khaaw のタイと日本の花図鑑」に写真や解説をまとめて掲載しています。日本やタイ、それから世界の色々なところで撮った花の写真700種類、3000枚以上を整理しています。よろしければこちらのwebも見てください。
You can link to Khaaw's flower picture book from here and find picture of many flowers in Japan, Thailand and many places in the world, including some pictures I cannot show in this blog. In the website, I upload data of more than 700 species and 3000 pictures in it.

https://khaawsflowerpicture.wordpress.com/

有難うございました。Thank you for visiting my blog!

|

« さわやかな神代植物園 初夏の香り Refreshing breeze in Jindai botanical garden | トップページ | プレミアムフライデー ちょっとだけ  ”Premium Friday” short break »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

牧野富太郎博士のスケッチを見ると,本当に植物が大好きだったんだなと思います。
私は広島に住んでいるので,牧野富太郎博士と言えば,高知の牧野植物園を思い浮かべるのですが,練馬にも立派な資料館や庭園があるのですね。
「雑草という名の草はない」どこかで使いたくなるような名言です。
食について理解を深めたい私としては,植物を見て,食べられるか食べられないかの区別が出来る程度の知識ぐらいは持ち合わせたいと思うのですが…(笑)

投稿: コウジ菌 | 2017年5月13日 (土) 23時36分

コウジ菌さん ありがとうございます。
高知の牧野植物園は一度言ってみたいところです。随分前に、88箇所めぐりで近くまで行ったのですが・・・・
私もつい雑草として見てしまうのは気をつけたいです。

投稿: Khaaw | 2017年5月14日 (日) 18時07分

こんばんは。
奥様の名前をつけた植物があるなんてはじめて知りました。
東京練馬区にこんな落ち着いた佇まいのところがあるんですね。
ずっとそこにいたいようないい雰囲気ですよ。
ブログ村では現在2位ですか、
あと一歩行きましょう

投稿: チャーリー69 | 2017年5月16日 (火) 19時58分

チャーリー69さん 有難うございます。
牧野博士、それだけ奥さんの貢献に感謝していたのだと思います。
練馬の大泉、牧野博士がいたころは、田園の中のいわゆる田舎だったのでしょうが、今はすっかり住宅街です。でもおちついたよいところです。
ちなみに関越道のICにもすぐです。

投稿: Khaaw | 2017年5月17日 (水) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧野記念庭園 Makino memorial garden:

« さわやかな神代植物園 初夏の香り Refreshing breeze in Jindai botanical garden | トップページ | プレミアムフライデー ちょっとだけ  ”Premium Friday” short break »