« サーモンパーク千歳 水族館がリニューアル/ Renewal open of a Chitose aquarium in Salmon park | トップページ | トリカブトと北大植物園/ Monkshood in a botanical garden of Hokkaido University »

2015年8月13日 (木)

厚岸でカキとシマエビを堪能/ Great satisfaction on fresh oyster and Hokkai-shimaebi (Hokkai striped prawn) in Akkeshi

カキで有名な厚岸、少し手前の釧路までは行ったことがあったのですが、厚岸には今まで行く機会がありませんでした。

20150810010

Akkeshi town famous of delicious fresh oyster, I visited first time in my life for enjoying fresh sea foods.

20150810007

水温が低いため、じっくりと育ったカキを一年中楽しむことができます。やはり冬が一番美味しいようですが、夏でも十分美味しいです。漁協の直売所には、形や大きさの違う色んなカキが並べられています。店員さんに聞くと、生で食べるには、小ぶりの「カキエモン」が、蒸して食べるには大きい「マルエモン」か「ナガエモン」が美味しいとか。

20150810008

In here, we can enjoy fresh oyster around the year since temperature of sea water is always low. It is said taste of winter oyster is best but it is still delicious of summer oyster. You can find many kind of oysters in a market of fishermen' association. A lady in the market recommended me small round oyster named “Kakiemon” would be good for fresh eat and larger ones named “Maruemon” or “Nagaemon” could be good for steamed one.

20150810001

直売所の一角が、イートインコーナーになっていて、店内で買ったカキを自分で剥くためのカキナイフや醤油などの調味料、それに蒸しガキのための電子レンジ等が備えてあって自由に使うことができます。早速店員さんお勧めのいくつかのカキと、それに珍しい生きたホッカイシマエビをいくつか買ってみました。生ガキの殻を剥くのはちょっと大変でしたが、蒸しガキはカキを皿にのせてラップをかけて電子レンジで数分(3個で4分くらい)加熱すると、殻もすぐに開けられ濃縮された味の蒸しガキを簡単に味わうことができました。

20150810004


20150810005


20150810006


You can eat sea-foods by yourself at a table with cutlery, seasonings and microwave-oven provided in a corner called an “eat-in corner”. I bought some kind of oysters recommended by a store clerk, and some living Hokkai striped prawns which are very rare to buy. I struggled to open a shell of fresh oyster but “steamed oyster” cooked by microwave was much easier since shell was already almost opened after a few minutes cooking.

ホッカイシマエビは自分で殻をむいて豪快に踊り喰いです。I removed head and shell of striped prawn by myself and ate it directly in fresh.

20150810002

20150810003


お土産に、またいくつかのカキ、茹でシマエビ、ウニ等を買い求め一路帰路に着きました。現在、道東道が白糠まで開通していて、なんとか札幌からでも日帰りできるようになったので、厚岸や釧路に行く機会が増えそうです。

20150810009


I bought some more fresh oysters, boiled striped prawns and sea-urchins and brought them to home to eat again. Thanks to expanded new toll road “Do-to-dou” to Shiranuka, I was able to one-day trip to Akkeshi from Sapporo area, I think I can have more opportunity to visit these area using new road.

厚岸町の海産物を身にまとった「ウミエモン」君です。 “Umiemon” wearing many sea-food is mascot character of Akkeshi town.

20150810011 20150810012

帰り道、夕食には先日某人気テレビ番組でも紹介されていた釧路の「カキラーメン」を食べて帰ってきました。大満足の1日旅でした。

20150810013

20150810014

For a dinner, my family enjoyed “Oyster ramen” in Kushiro city that I watched in a popular TV program a few month ago on our back home. I really enjoyed one-day gourmet trip.

よろしければ、日本ブログ村のバナーもポチッとしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

有難うございました。

花の図鑑のページにはこちらからリンクできます。 Khaaw のタイと日本の花図鑑も見てみてください。You can link to Khaaw's flower picture book from here.

https://khaawsflowerpicture.wordpress.com/

|

« サーモンパーク千歳 水族館がリニューアル/ Renewal open of a Chitose aquarium in Salmon park | トップページ | トリカブトと北大植物園/ Monkshood in a botanical garden of Hokkaido University »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
(*゚∀゚)=3 ムッハー!!生カキに蒸しカキ!
エビの踊り食い!
(゚-゚; ...ゴクリッ読んでて生唾がタラタです。しめはカキラーメンですか。ウヒョー!この時期なかなか旨いもの少ないですからね。ご馳走さまでした。

投稿: mitakeya | 2015年8月13日 (木) 15時19分

mitakeyaさん こんにちは
生唾をだしていただき有難うございます。
北海道、今の季節、海のものより畑のもののほうが旬が多いのですが・・・、それでもやはり海産物に気が引かれてしまいました。
それでも美味しいものが多いのはさすがに北海道ですね。

投稿: khaaw | 2015年8月14日 (金) 03時22分

久しぶりに覗いたらいきなり美味しそうなものがずらずら出てきて・・・・!うらやましいです。学生時代に初めて北海しまえびを食べた時の衝撃はいまだに忘れられません。私は生より茹でたほうが味が濃くなって美味しいように思います。日本酒に最高ですよね!
塚本でした

投稿: | 2015年8月28日 (金) 16時32分

塚本さん お久しぶりです。
最近コメントいただけないので、お仕事が忙しいのかなあと思っていました。
北海しまえび、やはりどちらが美味しいかといえば、ゆでたてが味が濃縮されて一番かもしれません。
話のネタには踊り食いもなかなかのものですが・・・
また、ぜひ北海道にも足をお運び下さいね。

投稿: khaaw | 2015年8月29日 (土) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚岸でカキとシマエビを堪能/ Great satisfaction on fresh oyster and Hokkai-shimaebi (Hokkai striped prawn) in Akkeshi:

« サーモンパーク千歳 水族館がリニューアル/ Renewal open of a Chitose aquarium in Salmon park | トップページ | トリカブトと北大植物園/ Monkshood in a botanical garden of Hokkaido University »