« 南房総へ小旅行/ Petit-trip to south Boso peninsula | トップページ | 自動販売機ミュージアム/ A museum of vending machine »

2015年7月16日 (木)

3つの菩提樹/ Three kind of “Bodaijyu”; Bodhi, Banyan and Linden tree

Img_1535

(↑バンコクのWat Chana Songkhram境内の200年を超えるインドボダイジュ(Ficus religiosa), Bodhi tree (Ficus religiosa) in Wat Chana Songkhram in Bangkok, which is morethan 200years old)

お釈迦様がその木の下で悟りをひらいたと言われる菩提樹。乾燥したインドの大地でお釈迦様にそっと日陰を提供しているイメージがあります。
一方、シューベルトの歌曲集「冬の旅」の中の有名な菩提樹。この歌の菩提樹は厳しい冬の大地に凛と立っているイメージがあります。
この二つの菩提樹、どうも結びつかないなあと思っていたら、やはり全く別な木でした。

The tree under which the Buddha (Siddhartha Gautama) was enlightened or awakened is said Bodhi or Bo tree (Ficus religiosa) ( In Japanese Bodaijyu) and name comes from enlighten in Sanskrit or Pari in old India.
On the other hand, famous song “Der Lindenbaum” (Linden tree) of Schubert is also called “Bodaijyu” in Japanese. From this song, I have an image of a solid tree standing in cold winter which could be very different image from Bodhi tree in India.

(↓日本の菩提樹 Tilia miqueliana, Bodaijyu in Japanese (quasi Bodhi tree) Tilia miqueliana)

Img_7772

お釈迦様がその下で悟りをひらいたといわれる木は、インドボダイジュ(Ficus religiosa)英語ではBodhi 又はBo treeと呼ばれ、サンスクリット語やパーリ語の菩提(自然の姿、悟り)からその名前が付けられている、イチジクの仲間の木です。
一方、日本では、このインドボダイジュが寒すぎて育たないので、葉の形が似ている中国原産のシナノキの仲間のTilia miquelianaを菩提樹と称してきたようです。
そしてシューベルトの歌曲の中で歌われる菩提樹は、この日本の菩提樹の仲間Tilia europaeaでインドボダイジュとは区別して日本ではセイヨウボダイジュやセイヨウシナノキとも呼ばれいます。
ドイツ語でDer Lindenbaum、英語ではCommon lime tree やLinden treeと呼ばれるヨーロッパ原産のこの木が、回りまわって遠い日本で菩提樹と呼ばれているのは何か不思議な気がします。

Img_1578

Img_7822

(↑ 上がインドボダイジュ(Ficus religiosa)の葉、下が日本の菩提樹(Tilia miqueliana)の花と葉。確かに葉の形は似ています。 Upper picture is leaves of Bodhi tree (Ficus religiosa) and lower is leaves of "Tilia miqueliana" they also have heart shape of leaves)

I try to find a reason such completely different two trees is called same name of “Bodaijyu”, and I found in Japan other tree “Tilia miqueliana” native in China called “Bodaijyu” since original Bodhi tree (Ficus religiosa) cannot live in Japan because of too cold. Since shape of leaf of Tilia miqueliana and Ficus religiosa is resemble, the Tilia miqueliana is introduced from China as “Bodaijyu” instead of Ficus religiosa. And then Tilia europaea; Der Lindenbaum in Germany or Common lime tree or Linden tree in English is called “western Bodaijyu” in Japan as belong to same family of Tilia miqueliana. This European tree called quasi-Bodhi tree in Japan is very interesting thing for me.

日本でボダイジュの名がついている木がもう一つあります。ベンガルボダイジュ(Ficus benghalensis)、学名からも分かるとおりインドボダイジュ同じくイチジクの仲間です。英語ではBanyan あるいはIndian banyanと呼ばれています。

Img_1585

(↑バンコク市内のベンガルボダイジュ(Ficus benghalensis), Indian Banyan(Ficus benghalensis) in Bangkok)

In Japan, we have another tree called “Bodaijyu” (Ficus benghalensis) actually called “Bengali Bodaijyu” which is called Banyan or Indian banyan tree and same family of “Ficus religiosa”, Ficus is scientific name of fig's family.

(↓タイ東北部ピーマイ遺跡近くのベンガルボダイジュの群生。残念ながら洪水で水没していて、中に入れませんでした。 Banyan forest near Pimai ruin in south-east Thailand, unfortunately I was not able to enter the forest since it was in flood)

Dscn1085

お釈迦様が悟りをひらいたのは、このベンガルボダイジュの下だったとの説があったり、Bodhi の下で悟りをひらいたお釈迦様が、その後Banyanの下で7日間瞑想をしたともいわれており、この木も神聖な木として信仰されています。この木は枝を横に広げるとともに気根をたらし、その姿から長寿のシンボルにもなっています。

この木の生命力は凄く、他の木に巻きついて枯らしてしまういわゆる絞め殺しの木で、アユタヤのワットプラマハタートで仏頭を包み込んだり、アンコールワット近くのタプロム寺院の遺跡の建物に進入してきている木もこの木か、もしくは近縁の木です。沖縄などに育つガジュマル(Ficus microcarpa)も近い仲間です。この木のパワーとお釈迦様の瞑想のとは全くイメージが違うところがかえって面白い気がします。

(↓有名なアユタヤのワットプラマハタートのベンガルボダイジュ, Banyan tree with Buddhist head in Wat Phra Mahathat in Ayutaya)

Dscn0033

Img_0392_2

(↑アンコールワット近くのタプロム寺院の絞め殺しの木, “strangler fig” in Ta Prohm temple in Angkor)

Banyan is also sacred tree and it is said under the tree, Buddha was enlightened or made meditation for 7 days. It has many aerial prop roots with wide open shape of branches and symbol of longevity with its power of living. It is called also “strangler fig” which growing up with host tree and then kills the host tree later. A famous tree with Buddhist head in Wat Phra Mahathat in Ayutaya or trees of Ta Prohm temple in Angkor, Cambodia is also this tree or near species in Ficus family. Gajyumaru (Ficus microcarpa) in Okinawa islands also same family of these trees. Powerfulness of this tree can be a little bit different image of meditation of Buddhist and it could be also interesting.

Img_4499

(↑ ガジュマル(Ficus microcarpa) 大阪咲くやこのはな館温室、 Gajyumaru (Ficus microcarpa), in a greenhouse in Osaka, Japan)

少し前に沙羅双樹のことも書きましたが、こうして木の名前も知れべて見るといろいろな意味があって面白いですね。

As I wrote another article on different kind of Sal trees; which is also sacred tree for Buddhist recently. I found many interesting stories on the name and history of trees.

よろしければ、日本ブログ村のバナーもポチッとしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

有難うございました。

花の図鑑のページにはこちらからリンクできます。 Khaaw のタイと日本の花図鑑も見てみてください。You can link to Khaaw's flower picture book from here.

https://khaawsflowerpicture.wordpress.com/

|

« 南房総へ小旅行/ Petit-trip to south Boso peninsula | トップページ | 自動販売機ミュージアム/ A museum of vending machine »

植物、花、自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

アンコールワット、懐かしい気分で見させていただきました confident

ただ、絞め殺し・・・というネーミングだったのはすっかり忘れておりましてcoldsweats01
確かにこの「へばりついてる感じ?」は、絞め殺されそうなほどの生命力の強さをあらわしてますねぇsweat01

投稿: アケ | 2015年7月17日 (金) 21時41分

アケさん こんにちは コメント有難うございます。
熱帯のジャングルの中で、できるだけ早く高いところに伸びて光を確保し、そして土台にした木を絞め殺していく・・・生き残るための戦術とはいえ、この生命力には驚くととともに、怖い気がします。
この木の下でお釈迦様が瞑想したというのも、何か寓意があるのかもしれませんね。
アンコールワットと回りの遺跡群、また訪ねてみたい場所のひとつです。

投稿: Khaaw | 2015年7月18日 (土) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588349/61898218

この記事へのトラックバック一覧です: 3つの菩提樹/ Three kind of “Bodaijyu”; Bodhi, Banyan and Linden tree:

« 南房総へ小旅行/ Petit-trip to south Boso peninsula | トップページ | 自動販売機ミュージアム/ A museum of vending machine »