« 目黒川緑道を散策しました その2/ Rambling along a Pedestrian path of Meguro river part 2 | トップページ | 新宿御苑を散策/ Stroll in the Shinjyuku-gyoen garden »

2015年6月21日 (日)

夏椿と沙羅双樹/ Deciduous Camellia (Natsu-Tsubaki) and Sal tree

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
有名な平家物語の冒頭の文です。

“The sound of the Gion Shōja bells echoes the impermanence of all things; the color of the sāla (Sal) flowers reveals the truth that the prosperous must decline.” This is a famous sentence of beginning of “Heike story” (English sentence was quoted from Wikipedia).

(下の写真は日本で沙羅と呼ばれる夏椿の花です/ A picture below is a Deciduous Camellia (Natsu-Tsubaki and also called Sal)

20150615001
(ひっそりと咲いている夏椿(東京都世田谷にて)/ Deciduous Camellia; blooming in obscurity; Setagaya Tokyo)

お釈迦様は、クシナガラで、弟子アーナンダに付き添われ、二本の沙羅の木の間に横たわり入滅された伝えられています。このため、沙羅の木(沙羅双樹)は仏教では聖なる木として信仰を集めてきました(二本ずつの沙羅の木が四辺に植えられていて、お釈迦様入滅の際に、それぞれの一本ずつ四本の色が白く変わったとの話もあるようです)。

In the village of Kusinara of the Buddha's last days, it is said Buddha told Ananda to prepare a bed for him with its head turned towards the north between two Sal trees. Therefore the sal tree has been respected as a sacred tree by Buddhists. ( It is also anther story that there were four sets of two sal trees on four sides, and flowers of one tree of each pair had changed from green to white when the Buddha had passed away.)


20150614001

(上の写真は同じく夏椿(東京都世田谷)です/ Deciduous Camellia; Setagaya Tokyo)


このクシナガラに生えていた沙羅の木は高級木材としても有名なチークの仲間でShorea robustaという木ですが、日本では寒すぎて育たず、昔から夏椿(Stewartia pseudocamellia)を沙羅双樹と呼んできたようです。従って、冒頭の沙羅双樹もこの夏椿をさしているのではないかと思われます。

Sal tree in the Kusinara believed as Shorea robusta which is a member of same family of a teak tree famous as precious woods, but this plant cannot live in Japan except in a greenhouse. So, In Japan another tree, Stewartia pseudocamellia; Japanese Stewartia or Deciduous Camellia has been called as Sal tree. It is believed a Japanese Stewartia should be called as Sal trees in the famous Heike story.

下の写真は、クシナガラに生えていたと思われるサラの木(Shorea robusta)、新宿御苑の温室で撮った写真です。

20150620001

( インドのサラの木 Shorea robusta; 新宿御苑の温室にて/ Shorea robusta in a greenhouse in Shinjyuku-gyoen garden in Tokyo)


初夏に可憐な白い花を一日だけ咲かせ、夕方には散ってしまう夏椿。お釈迦様の入滅の時の色を変えたというエピソードや平家物語の話とも重なり、その姿は少し悲しげにも見えます。

A pretty one-day flower blooming early summer looks a little bit sadly with my imagination of Buddha and Heike-story.

(下の写真は、同じ新宿御苑の外に咲いていた夏椿です、もう花のシーズンも終わりのようです。Deciduous Camellia, almost end of flowering season; Shinjyuku gyoen garden)

20150620006

20150620005

(上の写真は地上に落ちた花です。少し哀れです。Fallen flowers on the ground)

その沙羅の木(Shorea robusta)、今も仏教の盛んなタイやミャンマーでは、今度は暑すぎで、あまりうまく育たないようで、同じ上座部仏教のスリランカの高僧によりもたらされたされる別の木(Couroupita guianensis: 英名cannonball tree)を沙羅又はランカの沙羅と呼んで、お寺などに植えているようです。

The Shorea robusta is said that this flower cannot bloom well in Thai or Myanmar since it might be too hot or too humid for the tree. So, another tree, Couroupita guianensis (English name; cannonball tree) which was introduced from same Theravada Buddhism country Sri Lanka. The tree called in Thai as a Sal or a Sal Lanka, and planted in some temples. (When I found this tree in the Ananda temple in Bagan, Myanmar, a name-plate showed as Shorea robusta).

(下の写真は、ミャンマーの沙羅の木(Couroupita guianensis) です
Picture below is cannonball tree in Ananda temple in Bagan, Myanmar)

20140810100


20140810102


20140810101


(私が以前、見かけたミャンマー・バガンのアーナンダ寺院のcannonball treeにはShorea robustaの名前が書かれていました)


クシナガラにあった沙羅の木(Shorea robusta)は、日本ではいくつかの温室で育てられているようですが、なかなかその花を見るのは難しそうです。

Some Shorea robusta can be found in greenhouses in Japan, but it could be difficult to see flowers of them.


(下の写真はやはり新宿御苑温室のShorea robusta です。/ Shorea robusta in a greenhouse in Tokyo)


20150620003

2-3年前の春には滋賀県草津の植物園で咲いたこともあるようですが(詳しくは下の記事をご覧下さい)、今年は難しかったみたいです。
2-3 years ago, the flower was opened in a greenhouse in a green park in Shiga pref., but no flowers in this park..

https://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/blog/20120318195218.html

いつかこの花を見てみたいものです。
I wish I would see this flower in somewhere, someday.

なお、この沙羅双樹、お釈迦様生誕の場所に咲いていた無憂樹(Saraca asoca, 英名 Sorrowless tree)、その下で悟りを開いたといわれる菩提樹(Ficus religiosa, 英名Bonhi tree) とともに仏教の三聖樹ともいわれるようですが、あとの二つの木についても色々な話があるのですが、そちらは、また後ほど。

20140105100

アユタヤの無憂樹(Saraca asoca), バンパイユ宮殿, Saraca asoca, Bang Pa-in palace in Ayutaya in Thailand)


20140811100


ヤンゴン・シェータゴンパゴダの菩提樹(Ficus religiosa), Ficus religiosa in the Shwedagon-Pagoda, Yangon, Myanmar

The Shorea robusta is called one of the three sacred tree in Buddhism with Saraca asoca, English name; Sorrow-less tree which was grown on the birth place and Ficus religiosa, English name; Bonhi tree under which Buddha was enlightened. I would write other articles on these trees.

よろしければ、日本ブログ村のバナーもポチッとしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

有難うございました。desu

|

« 目黒川緑道を散策しました その2/ Rambling along a Pedestrian path of Meguro river part 2 | トップページ | 新宿御苑を散策/ Stroll in the Shinjyuku-gyoen garden »

植物、花、自然」カテゴリの記事

コメント

夏椿・・・ひめしゃらとも言います。
我が家の庭に1本植えています。
花は小さくて良く見ないと気が付きません。
夏椿と言うだけあって、椿の花に似ています。

投稿: マーチャン | 2015年6月22日 (月) 06時21分

マーチャンさん 
本当に控えめで可憐な花です。
ひめしゃら良い名前ですね、しゃらは多分沙羅から来てるのでしょうが、ひめしゃらという響きが、この花にぴったりな感じがしますね。

投稿: Khaaw | 2015年6月22日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏椿と沙羅双樹/ Deciduous Camellia (Natsu-Tsubaki) and Sal tree:

« 目黒川緑道を散策しました その2/ Rambling along a Pedestrian path of Meguro river part 2 | トップページ | 新宿御苑を散策/ Stroll in the Shinjyuku-gyoen garden »