« 東京の中のタイランド/ Thailand in Tokyo | トップページ | 房総で花摘み/ Flower picking in Boso Peninsula »

2015年4月18日 (土)

トムヤンクンカップヌードル、日本版とタイ版を食べ比べてみました。/I try to eat “cup noodles of Tom yum goong taste” in Thai and Japnese

日本で昨年春に販売されすごい人気で一時販売中止になっていたというトムヤンクンカップヌードル、今は日本全国で簡単に手に入ります。一方、タイでも人気のカップヌードル、勿論トムヤンクンフレーバーのものもあります。
先日、タイに出張に行った際に買ってきたので、食べ比べて見ました。

20150405001_2

A popular cup noodle Tom yum taste in Japan which was suspended to be deliveredlast year because of sold out by too much popular, but now it is available now. In Thailand, cup noodle including Tom yum taste is also very popular. So I tried to compare by easting both cup noodles after I brought back to Tokyo from Bangkok when I bought it during my duty travel.

外見を見比べると、タイのほうがやや大きいですが、入っている麺の量は両方とも60gで同じのようです。

The cup of Thai looks a little bit bigger but weight of noodles inside are same as 60g.

日・タイ両方ともペーストを後から加えるのですが、日本のはカップの外側に、タイのはペーストが折りたたみ式のフォークとともにカップの中に入っていることです。細かい話ですが、タイのものは、ペーストとフォークを取り出すときに、粉末スープが手に少しだけつくことでしょうか?ちなみに、この折りたたみフォーク、タイのカップ麺(他の会社のものも)に、普通に入っているもので、旅行先のホテルなど食器がないとき時でも食べられて便利です。

20150405002


We need to add spicy pastes after we poured hot water in both of them, paste bag of Japanese is attached outside of the cup however it is inside in the cup with folded folk in the some of Thai.

味は、タイの方が少しストレートに辛い感じ、日本のものも辛いのですが、コクがあり少しだけマイルドに感じました。どうも日本のものにはココナッツミルクが入っている分マイルドになっているようです。

20150405003


Taste of Thai seemed hotter without other taste but Japanese one tasted more complicated hot taste with coconut milk and felt a little bit milder.


麺は、日本のほうが少し平べったくて太い感じで、その分よくスープを吸収するようです。食べ終わった時に、日本のほうのスープは麺に吸われて随分と少なくなっていました。かやくのエビは日本のほうが大きく6.5匹、タイのほうがやや小さいのが5匹で、また日本のものにだけマッシュルームが2片ほど入っていて、かやくは日本のほうがやや豪華です。

20150405004

Noodles of Japanese one looked more flat and can be easy to absorb soup then I noticed soup reminded in cup after eat of Japanese could be fewer than it of Thiland.

日本のものが170円、タイのは12バーツ(1バーツ3.5円で42円ぐらい)、コンビニでは2個20バーツでも売られていました。値段はタイのほうに軍配が上がるようです。

20150311013


Price of the noodles in Japanese is JPY 170 and same in Thai was THB 12 (it is approximately JPY42) and I found they were sold THB 20 for two in convenience store in Bangkok. The price of Thailand could be much attractive.


どちらが美味しかったかといえば、好みの問題ですが、私には日本製のほうが少しコクがあって、美味しいように感じました。

I love taste of Japanese one than Thai a little bit since it has rich flavor with coconut milk.

日本ブログ村のバナーもよろしければ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

有難うございました。

|

« 東京の中のタイランド/ Thailand in Tokyo | トップページ | 房総で花摘み/ Flower picking in Boso Peninsula »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

Khaawさん、こんばんは。

日本とタイでカップ麺が違うのは面白いですね。やはり各地での味の好みに合わせているのでしょうね。

確かにカップ麺にスプーンがついていたら便利ですね。昔、旅行先で日本から持ち込んだカップ麺を食べた時にハシを忘れてしまい、歯ブラシで食べたことを思い出しました・・・笑える思い出です

投稿: omoromachi | 2015年4月18日 (土) 21時46分

こんばんは。

わたしも先週、トムヤンクン・カップヌードルをたべました。

タイ版と食べ比べてないので、ハッキリとはわかりませんが、
でもやっぱり日本版は、辛酸っぱさが本場にくらべるとマイルドかなぁと、わたしも思いました。

2個同時食べ比べは、口の中がヒリヒリ?しそうですね
でも、見てるとまた食べたくなってきました

投稿: アケ | 2015年4月18日 (土) 22時06分

omoromachiさん こんにちは
私も旅先のホテルでカップめんを食べようとして、箸や食器がなくて苦労したことがあります。確か鉛筆かペンを洗って箸にしましたが、滑ってなかなかうまく食べられなかったことを思い出します。タイのコンビにでは竹の割り箸も売っていますが、かなり大量になるので、1回2回のために買うのもためらいます。

投稿: Khaaw | 2015年4月19日 (日) 06時37分

アケさん、こんにちは
日本版のトムヤンクンヌードルもタイのものに比べると少しだけマイルドな感じがするだけで、辛さも本格的ですし、秀逸だとおもいます。私も気軽にタイを思い出したいときには時々食べたいと思っています。でも2個同時に食べるのは今回限りにしたいと思ってます。

投稿: Khaaw | 2015年4月19日 (日) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トムヤンクンカップヌードル、日本版とタイ版を食べ比べてみました。/I try to eat “cup noodles of Tom yum goong taste” in Thai and Japnese:

« 東京の中のタイランド/ Thailand in Tokyo | トップページ | 房総で花摘み/ Flower picking in Boso Peninsula »