« 梅・桃・桜/ Japanese apricot, Peach and Cherry | トップページ | モクレンの花/ Flower of Magnolia »

2015年3月21日 (土)

日本とタイの優先席を考えてみました/ Comparison of courtesy seats in a train in Thai and Japan

日本では1970年の前半ころから列車に優先座席(当時はシルバーシートと呼ばれていましたが)が導入され、今ではほとんどの路線であたりまえのようになっています。

20150318003

Courtesy seats in a train was introduced in early 70's in Japan, which used be called as “silver seats” at the beginning time and now common in Japanese train system.

一方、バンコクの通勤列車には、特別な座席指定はなく、老人や妊婦さんに席を譲りましょうというサインだけが。言ってみれば全車優先座席のようなもの。そのなかで、日本と違っているは、子供(だいたい身長130-140cmくらいの小学生くらいまでしょうか)にも積極的に席を譲ることになっていることです。

20150306015


In a commune train in Bangkok, there is no specified area as courtesy seats but a sign on the wall recommend passengers to give seats to elderly, pregrant or handicapped people, which means no specified but all seats should be courtesy seats for them. And remarkable difference to Japanese classification is that small child; maybe less than 130-140 cm heights. is included as respected group for courtesy.

私たち家族もバンコクに暮らし始めた3年ほど前は、子供も10歳くらいで、よく席をもらいました。最初に席を譲られた時は、言葉もよく解らなかったのですが、笑顔で席を譲ってもらい、びっくりした覚えがあります。若い人は列車が混んでくると、年をとった人や子供に進んで席を譲る人が多く、人前で人を押しのけたり争ったりするのを嫌うタイ人のよい面が現れているようです。

20150306014

電車の中で我が物顔の子供もいますが/ Sometimes, I saw chirdren occpaying setas in a train.


It was impressive incident for our family when my son was offered a seat first ttime when we started our new life in Bangkok about three yearsp ago and my son was around 10years. Although we were not able to understand Thai language well, we could understand their kindness with their lovely smiles. Younger people looks ready to give their seats to elderly people or children, it could be reflecting their good nature that they do not like to show their fights or offensive attitude in front of other people.

もう一つ、特徴的なのがお坊さん専用の席があること。でもあまりお坊さんがこの席に座っているのは見たことがありません。お坊さんに対する尊敬の念が深いタイでは、こんな特別な席を設けなくても皆が席を譲るのと、そもそも少し料金の高い高架鉄道には質素なお坊さんはあまり乗っていないからかもしれません。

20150306016

There is another remarkable mark showing “courtesy seat” for monk. However I have seldom seen actually monk seated on allocated this seat. May-be, religious Thai people always give their seat to respected monk, so no need special seats for them or few monk take BTS which fare is relatively higher than bus.

日本でも、最近は優先席を無くして、全席優先席にという動きもあるようです。優先席を設けてもあまり効果がないからなのか、席を譲るというマナーは定着したということなのか、なんとなく前者のような気もします。また、スマホのゲーム等が普及したからか、優先席付近での電源オフもあまり意味がなくなっているような気もします。

20150318004

I heard some train companies have abolish their allocated “courtesy seats” and all seats should be courtesy for handicapped people by it. I am not sure reason might be designed courtesy area has no expected effect or courtesy moral could become popular, but I am afraid main reason might be first one? Another my worry is that switch-off rule near courtesy seats looks ignored by many passengers partly because many people enjoying video game in their smart phones even on courtesy seats.

タイでは列車内の携帯は禁止ではないので、時々車内で大声で喋っている人もいましたが、慣れてしまえばそれもあまり気になりませんでしたが。

There are no such switch-off rules on mobile phone in Thai, I don't care to see people who are using mobile even talking to other people, in sometime loudly.

日本ブログ村のバナーもよろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

有難うございました。

|

« 梅・桃・桜/ Japanese apricot, Peach and Cherry | トップページ | モクレンの花/ Flower of Magnolia »

交通手段」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本とタイの優先席を考えてみました/ Comparison of courtesy seats in a train in Thai and Japan:

« 梅・桃・桜/ Japanese apricot, Peach and Cherry | トップページ | モクレンの花/ Flower of Magnolia »