« 春霞?/ Misty spring morning | トップページ | 河津桜/ Cherry blossom; variety “Kawadu” »

2015年2月24日 (火)

霞ヶ関で鯨料理 How about enjoying wheal dish in Kasumigaseki; Central governmental HQ area

鯨の食文化を残そうと農林水産省の食堂では鯨料理を提供しています。

20150212003t

You can taste wheal dish in a restaurant located in Headquarters of Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, MAFF, since MAFF is trying to preserve traditional wheal meal in Japan.


官庁の建物に入るには手続きをして入館証が必要な所が多いのですが、ここの食堂は、チェックゲートの外側にあって、入館証の無い一般の人でも利用出来るようになっています。農林水産省の公式ホームページはこちらです。
http://www.maff.go.jp/j/heya/syokudo/

20150212004t


It is common that person who enter to a official building of central government needs to be issued an official pass by registering himself in advance. However, as the restaurant is located outside of check-gate, a guest who has no pass can also this facility. Please find official explanation of MAFF, here (but only Japanese).
http://www.maff.go.jp/j/heya/syokudo/


今や高級料理の感のある鯨料理ですが、ここでは竜田揚げなどが気軽な値段で味わえます。

20150212002


Now a days, wheal cuisine may be considered expensive and exclusive, but it can be enjoyed much casual and used-be popular dish such as Tatsuta-Age; soy sauce and ginger flavored deep fried wheal meat with casual prices in there.

20150209003

外務省の食堂でも、鯨の大和煮を炊き込んだ鯨飯などが食べられ、食堂からの眺めも良いのですが、こちらは入館証が必要なので、公的な用事がないと、なかなか難しいかもしれません。

20150209004

You can also enjoy wheal meal in a restaurant in Ministry of Foreign Affairs, MOFA, too. In there, you can select a "Kuzira Meshi", boiled rice with flavored wheal meat by soy sauce and sugar. The restaurant is located on 8th floor with good view, but you need a official pass to enter the building.


日本ブログ村のバナーもよろしければ、クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

有難うございました。

|

« 春霞?/ Misty spring morning | トップページ | 河津桜/ Cherry blossom; variety “Kawadu” »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

Khaawさん、こんばんは。

意外な所で鯨を食べることが出来るのですね。私の子供の頃は沖縄の近海で取れた鯨を加工する工場が近くにあってよく鯨の肉を食べることがありました。子供の頃は牛や豚の方が美味しいと感じましたが・・・

大人になって福岡などの小料理屋で食べた鯨は美味しかったです。 資源を枯渇するような取り方でなければ食の文化は残って欲しいですね。

投稿: omoromachio | 2015年2月24日 (火) 21時49分

omoromachiさん、こんばんは
私の子供のころの鯨の記憶は、給食で出た竜田揚げとおでんに入っていた「ころ」(脂身の脂を絞ったあとのもので出汁を出すためのもの?)なのですが、やはりあまり美味しいとは思わなかったような気もします。解凍技術等もあまり良くなかったのかもしれません。資源管理との両立は、うまくやっていけると思うんですが。

投稿: Khaaw | 2015年2月24日 (火) 22時22分

I've just read your latest post. Thank you for helping both those in favor and against whale hunting, take a glimpse into what is happening of the meat. Those in favor would appreciate your article as they can add one more to their stomping grounds. On the flip side, those dead set against it may see this as a flagrant example of wasteful public spending (of taxpayers' money), which subsidizes such a restaurant so that it can serve the whale meat cheaply.
As for me, I'm in somewhere in between. On one hand, I'm against the idea of this country being constantly bedeviled by the Western media and animal-rights groups. On the other hand, I think we can reserve our rights to preserve this culinary tradition, without going far out into the Antarctic, at that. Thank you for your attention. 英語教室 Lingo-Field (仙台)

投稿: lingostir | 2015年2月25日 (水) 07時25分

それでお味はいかがでしたか?子供のころはもちろん大人になってからも美味しいと思ったことが無く・・・
塚本

投稿: | 2015年2月25日 (水) 08時23分

初めてコメントさせて頂きます。
官庁の食堂でやられているとは驚きました。
私の小学生の頃は、鯨は油であげたものが給食で良く出る一品で、珍味とは思っていませんでしたが、時世の変化ですね。最近はトンとみたことが有りません。
イワシも昔は肥料などに使われていて下魚というイメージでした。
日本食が海外で受け入れらていますが、海外の日本料理店はほとんど非日本人料理人のなんちゃって日本料理ですし、それで魚の需要が世界的に増えると、結局、魚の値段があがることに・・・
国策で日本食を広められているニュースを見ますが、国民のそちらへの影響も考えてほしいかなと思います。

投稿: きぬのべ屋 | 2015年2月25日 (水) 19時42分

Dear lingostir,
Thank you for your kind and impartial comment on this sensitive topic.
This controversial subject could be sometime discussed in emotional way, since meal or cuisine is deeply related with cultural, traditional and in sometimes religious background.
However, I believe we have to respect all lives since we cannot live without depending other lives both plants and animals whichever wild or domestic.
It seems very hard to find common understanding on best human action for managing or preserving ecosystem on the globe, it could be never-ending challenge for us.

投稿: Khaaw | 2015年2月25日 (水) 21時30分

塚本さん、こんばんは、お久しぶりです。
肉に独特の臭みというかコクがあるからでしょうか、少しショウガの味付けが濃く感じました。あまりたくさんは食べられない感じですが、少しずつ懐かしさを味わうには良い感じです。

投稿: Khaaw | 2015年2月25日 (水) 21時38分

きぬのべ屋さん、はじめまして、コメント有難うございます。
今の鯨の数や漁の仕方から考えると、昔のように、給食やどこでも食べられるというのに戻るのは難しいのかもしれませんが、かといって、漁が途絶えてしまうと二度と食べられなくなるかもしれません。
海外の日本食については、私もつい最近までバンコクで暮らしていましたが、日本食といってもピンからキリまであるのは、その通りですね。でも折角の日本食ブームなので、やはり海外の人にも本物の日本食を味わってもらいたいと思います。
魚の人気が高まって魚の値段が上がるのは、日本人にとって辛いですね。そのためにはやはり乱獲を無くすしかないのでしょうか。

投稿: Khaaw | 2015年2月25日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞ヶ関で鯨料理 How about enjoying wheal dish in Kasumigaseki; Central governmental HQ area:

« 春霞?/ Misty spring morning | トップページ | 河津桜/ Cherry blossom; variety “Kawadu” »