« 大寒ですが、春も遠からじ・・・かな/ In the coldest season, but Spring is coming certainly | トップページ | 大阪に行ったら、電車が妖怪にジャックされていた/ A rapping train occupied by the Monsters »

2015年1月24日 (土)

満中陰法要/ Buddhist religious ceremony on 49th days after passed away

年末に他界した叔父の満中陰法要(四十九日)のため大阪に向かっているところです。

この法事の由来を調べてみると、仏教が広まったころのインドでは7進法が使われていたため、7が重要な意味を持ち、他界した故人が極楽に往生できるようにと7日ごとに家族などがお経を唱え、その7回目の7日目の法要(49日)で故人が無事に往生し仏様(菩薩様)になることを祈るということだそうです。

I'm on my way to Osaka for attending my uncle's Buddhist religious ceremony on 49th days (Man chuin) after his passing away.

I understand this ceremony is intended to pray for a deceased person to become Bodhisattva in Sukhavati, pure land or paradise in Buddhism at 7th of 7 days ceremony since 7 was the most important and sacred number in ancient India where septenary number was adopted when Buddha developed Buddhism.

この儀式、49日以内に何かに生まれ変わるという輪廻転生の考えと、念仏を唱えることで成仏できるという大乗仏教の考えとが結びつき、さらに神道の儀式(50日祭)とも結びついて、日本で独特に発展した儀式のようで、しばらく前まで住んでいたタイではこのような儀式はないようでした。

20150123001_29

This ceremony has been developed mainly in Japan with a believe of reincarnation within 49 days after death and dogma of Mahayana Buddhism in which chanting sutra can lead people to pure land also these are combined with a ceremony of Shintoism (50 days ceremony after death), so this ceremony is not existed in Thailand where I lived in until recently.

タイの上座部仏教では、輪廻は強く信じられていますが、自ら厳しい修行した僧侶だけが輪廻転生から解脱し涅槃に達すると考えられているため、49日以内に輪廻転生をする故人の成仏ために念仏を唱えるという考えにはならないようです。

In Thailand, reincarnation is believed but a dogma of Theravada Buddhism allow only severely trained monk can emancipate himself from circle of transmigration and enter to Nirvana, therefore believe of chanting sutra can lead deceased person to pure land could be difficult to believe.

ただ、この49日という期間は、愛する人を亡くした家族が、葬儀等の忙しい時期を過ごした後に、ふっと亡くした故人の大きさを感じる時に、親しい親類縁者が集まり、もう故人は仏様(菩薩様)になって違う世界に行ったのだと割り切り、普通の生活に戻っていく踏ん切りをつけるのに日本人にとってちょうど良い期間なのかもしれません。

20150124001_18

As a Japanese, I can understand importance of this ceremony on such timing since family members who lost loved one could easily feel loneliness and painfulness on this period after busy time of a funeral service and so on, but it could be good opportunity for family member with relatives to understand lost one has left to another world and remained members should return to normal life.

私も、お供えをご霊前からご仏前に換え、優しかった叔父が無事成仏することを祈りたいと思います。

I would also pray for my gentle uncle could reach peaceful pure land and become Bodhisattva in there with an offering for Bodhisattva changed from for spirit of deceased.

日本に戻ってきて、日本ブログ村の参加ジャンルも変更しました。


よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記(和英併記)へ
にほんブログ村

|

« 大寒ですが、春も遠からじ・・・かな/ In the coldest season, but Spring is coming certainly | トップページ | 大阪に行ったら、電車が妖怪にジャックされていた/ A rapping train occupied by the Monsters »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満中陰法要/ Buddhist religious ceremony on 49th days after passed away:

« 大寒ですが、春も遠からじ・・・かな/ In the coldest season, but Spring is coming certainly | トップページ | 大阪に行ったら、電車が妖怪にジャックされていた/ A rapping train occupied by the Monsters »