« タイ国立博物館、駆け足めぐり/ Short visit to a National Museum in Bangkok | トップページ | モクタラ (木曜定期市) Mokutara; Thursday market »

2014年11月23日 (日)

ピンクのカオマンガイ食べ比べ 渋谷vsバンコク Comparison of tastes Khao Man Gai of pink shirt Bangkok vs Shibuya, Tokyo

20141120003

バンコクでピンクのカオマンガイとして有名なお店ガイトーンが渋谷にもお店を出したというので、ちょっと食べ比べてみました。カオマンガイは鶏のゆで汁で煮たご飯に茹でた鶏を乗せたシンプルな料理で、もともと中国の海南料理でシンガポールではハイナンライスとしてもポプラーな料理です。

20141104001


I tried to compare tastes of Khao Man Gai (Thai variation of Hainanese chicken rice, Boiled rice with chicken stock broth topped with boiled chicken), since most popular Khao Man Gai restaurant “Kaiton” known as pink shirt Khao Man Gai recently opened their branch in Shibuya, Tokyo.

渋谷新南口から明治通りを少し南に行ったところにある、ガイトーン渋谷支店(?)。20人も入ればいっぱいになるこじんまりした店は、私が出かけた夕方には満席で歩道で少しだけ順番を待ち、店内に入ると基本的には、カオマンガイだけのメニューです。

20141104004_2

女性店長(?)はバンコクの本店でも働いていたそうです/ Female chief of the restaurant in Shibuya used to work in Pratnam too.

20141104002


When I visited a Shibuya branch located on Meiji road 5 mintues walk from new south exit of Shibuya stataion, I found some people were waiting on a cue at sidewalk in front of shop, since it is not so big maybe maxium 20 seats in the restaurant. I found a menu on a table after a few minutes wait.

出てきたカオマンガイのライスは、しっかりと鶏とガーリックの味が利いて(本店のより少しガーリックが利いている気もしましたが)、本店の味をしっかり出している感じです。スープは本店のものより少し生姜の味が強いように感じられました。

20141104003


I could taste rich flavor of rice but I felt a little bit stronger garlic flavor than same in Bangkok, but quite same tastes. For chicken soup, I felt a little bit stronger ginger tastes in it.

バンコクに帰って、渋谷のカオマンガイの味を覚えているうちにと、先日、バンコク・プラトナムに行ってきました。平日の午後1時過ぎでも、歩道には長蛇の列。ただお客さんの回転が早いので、10分くらい待ったら席に案内してもらえました。本店はカオマンガイだけではなく、野菜炒めや魚の塩焼きなどもメニューにあるようですが、ランチタイムということもあり、圧倒的にカオマンガイだけを頼んでいる人が多いようです。

20141120001

20141120004_2

20141120002

I revisited a Kaiton in Pratunam, Bangkok before forgetting taste in Shibuya after I back to Bangkok. I found long cue on side walk just after 13:00 week day, but I just waited around ten minutes since many guests not staying long. This main branch of the restaurant has several kind of dishes in their menu such as stirred vegetables or grilled fih adding to main menu of Kao Man Gai. But I found almost all guests ordered only Kao Man Gai, since it could be lunch time.

鶏のだしが利いたライスの味は上に書きましたように渋谷のものよりややガーリックが薄い(それでも私の事務所の近くにあってよく行くカオマンガイ屋さんのものよりかなりガーリック味が濃厚です)、鶏自身のコクはやはりバンコクのほうが上回る感じでした。スープは渋谷のものより濃厚ですが、少しうまみ調味料の味が混じっているように私には感じられました。

20141120008_3

As I wrote above tastes of garlic could be a little bit weak, but still tasteful comparing another restaurant which is located near my office and where I usually to eat and I found tastes of chicken itself is much rich tastes than in Japan. Ginger tastes in soup could be stringer in it in Shibuya and I felt rich aroma in Bangkok but also something like a Monosodium Glutamate.

ちなみに渋谷のお店ではシンハービールも頼めますが、バンコクのお店ではアルコール類の販売はないようです(少なくとも英語ではそう書いてありました)。やはりお客さんの回転を考えると、酒類は売らないのでしょうか。

20141120007

You can order Shinha beer (Beer Shin) in Shibuya but not in Pratunam, I found a banner which shows “no alcoholic beverage” on a wall at least in English, maybe considering staying time at the table.

バンコクの普通のカオマンガイ屋さんでは、この蒸し鶏に衣をつけて揚げたチキンカツライス(カオマイガイトッド)もメニューにあるのですが、ここのガイトーンは渋谷店も本店もカオマイガイトッドはメニューにはないそうです、何かこだわりがあるのでしょう。

20141120005

Many other Khao Man Gai restaurant in Bangkok also has a menu “Kao Man Gai tod; Chicken rice topped with deep fried chicken cutlet” but not in Kaiton, I don't know reason but they might have some reason.

値段は渋谷が800円でバンコクが40バーツ(約120円)。6-7倍の値段の差はやむを得ないのかどうか難しいところです。ちなみに普通盛りでもご飯と鶏の量は渋谷店のほうが少し(2割くらい?)多いような感じがしました。ちなみにコーラは渋谷180円 バンコクは10バーツ(30円)でした。

20141120006


The price for one dish in Bangkok is THB 40 (equivalent nearly JPY 120) but in Shibuya is JPY 800, I cannot simply say it is too expensive considering many factors in price. I think amount of rice and chicken in Shibuya could be larger than Bangkok maybe 20% plus?

にほんブログ村のアクセスランキングへのポチッともしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

I would appreciate if you can vote for "Nihon blog village ranking” by clicking under banner, my ranking would be upgraded by you rvote. However sorry for connected this page is only Japanese.

今日も有難うございました。

P.S.
事務所の近所のカオマンガイ屋さんのメニューです。カオマンガイしかないですが、カオマンガイトッドはあります。
The menu of Kao Man Gai restaurant near my office, which has basically only Kao Man Gai with Kao Man Gai Tod.

20141113001

カオマンガイトッド/ Kao Man Gai Tod

20141113002

お店の風景。すいてますが普通に美味しいです。

20141113003


|

« タイ国立博物館、駆け足めぐり/ Short visit to a National Museum in Bangkok | トップページ | モクタラ (木曜定期市) Mokutara; Thursday market »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

Khaawさん、こんばんは。

「カオマンガイ」初めて見ました。それを東京とバンコクで食べ比べ出来るのはやはり凄いなと思います。

タイに行ったことがないのですが、先入観で香辛料がかなり強い様な印象を持っていましたが、カオマンガイに関しては渋谷店の方がガーリックが効いていたのですね。

色々な食文化があると思いますが、やはり日本人とタイの現地の方では味付けに違いがあるのでしょうか?

投稿: omoromachi | 2014年11月23日 (日) 22時32分

omoromachiさん こんにちは
タイの料理と日本の料理を比べると、一般的にはタイの料理のほうが、味が濃く、また辛いものが多いです。また、味付けも、パクチー(コリアンダー)、タマリンド、ナンプラー(魚醤)等癖のあるものの多く、香辛料が利いています。もしかしたら、渋谷のほうがガーリックが利いているように感じたのは、同じレシピでも、タイの鶏のほうが味が濃くて、相対的にガーリックが利いているように感じたのかもしれません。
タイの味付けは、兎に角、足し算の味付けで、辛いもの(唐辛子等)に砂糖を加えて味を調える(?)感じです。日本のように引いたり、割ったりはあんまり感じない感じです。暑い気候も関係しているのかもしれません。

投稿: Khaaw | 2014年11月24日 (月) 12時50分

マレーシアで同じようなものを食べてすごく美味しかったのを覚えています。タイでもマレーシアでも鶏肉が美味しいですよね。渋谷でそこそこの量で800円は安いのではないでしょうか。塚本

投稿: | 2014年11月25日 (火) 16時03分

マレーシアはあまり印象がないですが、タイの鶏肉は美味しいです。
タイのカオマンガイの値段に慣れているので、渋谷の800円は高く感じるのですが、東京の感覚だと、高くないのでしょうね。

投稿: Khaaw | 2014年11月27日 (木) 06時51分

時間が経った今頃コメントでスミマセン。
先日(2016.06.11)初めてのタイ旅行で
朝ごはんにバンコクのお店に行きました。
今もここの写真と変わりません(値段も)。
渋谷店オープンのポスターも有りました。
渋谷店どこかな?と検索したら
こちらが出ていて、両方行って凄いなと感心しながら懐かしく読まさせて戴きました。
丁寧な内容でありがとうございます。
近々、渋谷店にも行ってみます!
しかしバンコク行ったばかりなので
あの値段の安さがまだ体に残っていて
日本値段見ると・・・(笑)

投稿: | 2016年6月22日 (水) 18時23分

2016年6月22日にコメントいただいた方へ
コメント有難うございます。コメントを頂いたお陰で私も久しぶりに自分の記事を読み返すことができました。今は東京に生活拠点を戻したので、バンコクに住んでいた当時のカオマンガイが懐かしいです。
またバンコクに行ってカオマンガイを食べてみたいです。

投稿: Khaaw | 2016年6月22日 (水) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンクのカオマンガイ食べ比べ 渋谷vsバンコク Comparison of tastes Khao Man Gai of pink shirt Bangkok vs Shibuya, Tokyo:

« タイ国立博物館、駆け足めぐり/ Short visit to a National Museum in Bangkok | トップページ | モクタラ (木曜定期市) Mokutara; Thursday market »