« トイレの紙は・・・/ It's better not to flush toilet tissues | トップページ | 仏像とヒンズー神と/ Buddhist statute and Hindu gods and more »

2014年10月 1日 (水)

タイの銃事情/ Firearms in Thailand

タイでは銃の所持や携帯には県庁や警察からの許可が必要ですが、ある程度の資産があれば比較的簡単に護身用等として正式に所持が出来ると言われています。
正式に登録されているものだけでも1,000万丁、さらに警察関係者への賄賂などもあり、全くの闇ルートによるもの、灰色なものなど色々な銃が存在し、車のダッシュボード等に銃を入れている人も多いと言われています。
また、徴兵制や徴兵を免除されるための軍事訓練制度により、タイ人の多くの男性は銃の扱いには日本人などよりずっと慣れているのです。

In Thailand, possessing or bringing a gun or firearm need to be approved and registered by a local government or police, however citizens who has sizable property can be approved relatively easy way. It is said officially registered guns or firearms are around ten million and It is said more firearms would be purchased or posed through black market or gray zone by many corruption by officials. So they say many people such as taxi drivers are keeping their guns in glove box in dashboard in their cars.
Many Thai male are family with gun use because of military conscription or military drill during young age.

20140917101


このため、コンビニ強盗や進路妨害の車の運転手への銃撃等銃を使ったトラブルも多く、外国人や観光客が巻き込まれないとも限りません。特にタクシー運転手のダッシュボードやトランクには護身用と称して銃刀を持っている人も多いと言います。タクシードライバーの態度が悪いといって、こちらがあまり乱暴な態度をとると、いきなり銃を持ち出すというこもあると思っていたほうが良いようです。

Therefore there are many troubles using gun in Thai such as convenience-store robbery or gun-shot between drivers after traffic trouble on roads, and it not always safe for foreigners or tourists from such troubles. Particularly, many taxi drivers are said to posses their guns or knives in their taxis for protecting themselves. If you may get angry and attack to rude attitude of a taxi driver, he might to put his gun to you.

街の中心には、銃器の専門店が並ぶ通りがあり、拳銃やライフルが店頭に陳列され(撮影禁止の店もありますが)、銃が身近に存在している感じです。

20140917102


On streets in downtown in Bangkok, you can find many shops of firearms are standing side by side and displaying guns and rifles on their showcases (although some stores is prohibiting to take photos). It impressed me that gun is much familiar with Thai people than Japan.

軍事政権から首相になったプラユット首相は汚職防止と不法銃器所持の取り締まりにも力を入れており、そのことで、もう少し安全な社会になることが期待されていますが、なかなか一朝一夕にはいかないかもしれません。その間はやはり、タイは銃社会であるということを自覚しておく必要があります。

Prime Minister and army chief General Prayuth Chan-ocha is now cracking down on corruption and illegal possession of firearms and it is expected that more safety society and civil life is established but it could be taking a little bit longer time. So we should recognize that we are living in society of plenty of guns for a while.

にほんブログ村のアクセスランキングへのポチッともしていただければ嬉しいです。
If you vote for "Nihon blog village ranking” , my ranling would be raised, but sorry for this page is only Japanese.
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
今日も有難うございました。

|

« トイレの紙は・・・/ It's better not to flush toilet tissues | トップページ | 仏像とヒンズー神と/ Buddhist statute and Hindu gods and more »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
観光客として過ごしているとあまり見ることのできないタイの社会の一面を見た気がします。銃のない安全な国に慣れ親しんでいると、他の国がそうではないということに対して鈍感になりがちですが、むしろ日本が異質なのだ、という風に考えたほうがいいのかもしれませんね。

投稿: いかさま | 2014年10月 1日 (水) 23時10分

いかさまさん 早速のコメント有難うございます。私もバンコクに2年半以上住んで、この通りがあることは知っていたのですが、訪ねたのはつい最近でした。知り合いのタイ人と近くに行く用事があったので、一緒に歩いてもらいました。ショッピングモールにも近く、遠目には普通の商店街で、歩いていても怖い感じはしないのですが、やはりウインドーにずらり銃器が並んでいるのは、少し異様な感じでした。
アメリカでも銃の乱射事件が起きるたびに、銃規制の議論となり、日本の銃の所持率の低さと犯罪率(銃犯罪を含む)の低さが引き合いに出されています。安全な日本は素晴らしいと思いますが、国外は(比較的安全なタイでも)日本とは違うということを知って頂きたく記事にしました。
そういったところを書いていただき本当に有難うございました。

投稿: Khaaw | 2014年10月 1日 (水) 23時39分

こんにちは。
タイムラグのあるコメントですみません

タイにもこんな場所があったのですね。
以前、グアムに行った時、射撃を体験しましたが、
その時の衝撃(怖さ?)は忘れられません。

銃声もそうですが、撃ち手が感じる振動とか。
こんなものを人に向けて打ち合う国があるのかと思ったら、
本当に恐ろしくなったのを覚えています。

銃の怖さを知らずに済むというのは幸せなのかもしれませんが、それでもやはり、
それがどういうものなのか知ることも(日本に暮らしていても)必要だなぁと思いました。

投稿: アケ | 2014年10月 4日 (土) 10時27分

あけさん こんにちは
コメント有難うございます。
私もタイに来て暮らして、初めてタイが思った以上に銃世界だと知りました。今年の春まで続いたデモ騒動でも、銃世界ゆえに何人かの犠牲者が出ました。
この通りには初めて行きましたが、少し写真が撮れたので、そんなことも知ってもらいたくて記事にしました。コメント有難うございました。
実は、バンコクにも、軍隊が運営する銃の実射ツアーというのがあって、観光客にも人気なんです。私はまだ行ったことがないのですが、あけさんがグァムで体験されたような感覚を体感するためにも一度参加したほうが良いのか悩んでいるところです。

投稿: Khaaw | 2014年10月 5日 (日) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの銃事情/ Firearms in Thailand:

« トイレの紙は・・・/ It's better not to flush toilet tissues | トップページ | 仏像とヒンズー神と/ Buddhist statute and Hindu gods and more »