« バンコク 早朝の鳥の声 / Birds song in early morning in Bangkok | トップページ | バッグ盗難顛末記 (その2;初期対応編1)/ A story of my bag stolen (chapter 2; First reaction 1) »

2014年1月22日 (水)

バッグ盗難顛末記 (その1;発生編)/ A story of my bag stolen (chapter 1; happening)

20140119003

実はこの記事、書こうか書くまいか随分と迷った。事件が起こったのはもう1ヶ月以上も前の12月の始めのこと。日本にいる家族や知人には心配をかけたくないのと、自分の恥でもあるので、知らせてなかった。また、事件直後はやはり、あまり思い出したくもなかった。

Honestly to say, I have been hesitating for long time to write this incident or not, it was happened more than one month ago. I didn't talk this story to my family or friends in Japan because I didn't want to worry them or it was shameful for me. Also I didn't want to remember this awful incident any more.

事件から1ヶ月半あまり、心の傷も癒えたし、こんな苦い経験は他の日本人には味わってもらいたくないし、万が一事件に巻き込まれた時に、できるだけスムーズに対応できるよう自分なりの分析も加えながら書いて見ようと思う。
休日の昼下がり、日本人も多く居住するスクンビットソイ26とラマ4世通りの交差するところにあるビックCというスーパーマーケットのショッピングセンター(ただしお客さんは圧倒的にタイ人が多い)に買い物に出かけた時にその盗難にあった。
ファーストフード店で家族との昼食を終え、自分の椅子の下に置いたはずのショルダーバックを探したがバッグがない!!

20140122001c

However now I am recaptured from my shock, and I don't want other Japanese or foreigners to have similar experience or I hope my experience could be helpful for handling similar situation, so I would like to write my disgusting happening with my analysis.
My bag was stolen when I enjoyed shopping at a shopping center and supermarket named BigC on Soi Sukhumvit 26 and Rama IV road in Bangkok which area is popular to Japanese.
After my family and I finished a lunch in a fast-food restaurant, I tried to find my bag I put under my chair but I could not find!!

普段は必ず椅子の上かテーブルの上に置くようにしているのだが、食事中にちょっとものを取り出し、あと少しだからと足元に置いたのが間違いだった。家族と騒いでいると、周りの複数組のタイ人が、誰かが持っていったと口々に言う(タイ語なのでよく判らないがどうもそうのらしい)。
その時は、「見ていたなら何で教えてくれなかったの!?、やはり外国人だから?」とかなり頭にきた、それに教えてもらえないということに対してショックだった。家内も後から考えれば、その数分前に何か店の中がざわついたように感じたし、タイ人の小さい子が家内の顔を覗きに来たという。

I always put my bag on a table or chair, but just that time I put under my chair after I pick up something from my bag during lunch and I thought it could be very short time I put it under the chair. When my family and I started to be noisy, two or three persons belonging different party spoke out someone had took away my bag from under my chair, I was not sure since they spoke out only in Thai, but I suppose so.
So what? Why didn't you tell me or speak out when you saw? Since I am foreigner?
I was very angry and disappointed when I found they apparently saw a thief.
My wife said she felt uneasy atmosphere 5-10 minutes before and a small girl came and look to my wife's face

20140119005_2

しかし後から考えると、タイ人も気にはなったが外国人にそっと伝える手立てがなかったのかもしれないと思った。タイは銃や刃物の所持率も高く、特に盗みを働くような人がこうした凶器を持っている可能性は高い。盗む現場を見て「どろぼう!」とか叫べば、銃で撃たれる可能性もあるし、逆恨みされないとも限らない。また、犯人からバックを取り返そうともみ合ったりして銃で撃たれる可能性だってあったかもしれない。そう考えると、財布やiPhoneは取られて痛かったけど、自分の身に何も無かったことを不幸中の幸いと考えたほうがよいと家内にも慰められた。
このことで得た教訓は、当たり前のことだが、自分の荷物や体は自分で守るしかないということである。周りの人に期待してはいけないのである。タイ人も親切な人が多いことは確かだが、自分の身を危険に晒してまで助けてくれないのである、ましてや言葉のうまく通じない外国人には。

But I changed my mind and understood that people around me was not able to find any good idea to notice me without making a fuss. In Thailand possibility of a thief having a gun or a knife could be much much higher than Japan. If someone shout out for a thief, he or she might be shot or stabbed by the thief. I had also possibility to be shot or stabbed if I tried to fight for getting back my belongings. So I realized that my bag, wallet and many other things lost but I was not injured, so it might be better, I should think so, my wife also consoled me.

I had a lesson that I must protect me and my belongings by myself, so it is simple.
I cannot expect someone can help me. I believe many Thai people is very kind and gentle but they cannot help other people with serious sacrifice or danger, particularly for foreigners who cannot speak Thai well.

このビックC、入り口のところの持ち物チェックもない。もう少し高級なデパートやショッピングモールには、入り口で危険物持込防止のチェックが行われている(出て行く時はノーチェックだが)、簡単な持ち物チェックでどこまで効果があるのかと思っていたが、こういう目にあってみると、やはりチェックのない建物はそれだけ危険が大きいということなのだろう。
勿論、荷物チェックを行っている建物が全く安全ということにはならないが。
余談だが、持ち物チェックを行っている同じスクンビットにある高級デパートのエンポリウムでも最近集団スリの被害が増えているとのこと、併せて注意して頂きたい。

20140119006


This shopping center has no security check at the entrance. In some high-class department store or shopping mall have security check for entering guests to prevent from someone bringing dangerous materials. I was doubtful for effectiveness of such security check before the incident, since it seem very external and no check for outward guests. However I realized facility with security check could be safer than same without check, of course, only relatively.
I heard that in Emporium department which is very popular high-end department in Sukhumvit area and has security check of course, but in the department, I heard number of people whose belongings has been stolen by group of pocket-pickers are increasing recently, so we need to be careful even in such high-class department.
 
少し長くなるかもしれませんが、この続きはまた次回に。
次回はは銀行やカード会社への連絡のことについて書きます

日本ブログ村のバンコク情報とタイ情報のアクセスランキングに参加しています。
このブログが少し役にたったと思っていただければ、ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
有難うございました。


The story could be longer and I will write sequels in next articles.

|

« バンコク 早朝の鳥の声 / Birds song in early morning in Bangkok | トップページ | バッグ盗難顛末記 (その2;初期対応編1)/ A story of my bag stolen (chapter 2; First reaction 1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

それはショックでしたね。。
タイに限らず、どこでも…日本でも起こりうる事ですね。恥だなんて思うことはないと思います。
一度そういう経験をすると、次からは必ず注意するようになりますし… 怪我もなく、ホント不幸中の幸いでしたよ! でも、愛用していたお財布にiPhone… やっぱり思い出すと辛いですよねぇ>_<
気を付けて下さいね。

投稿: maro | 2014年1月23日 (木) 20時48分

maroさん こんにちは
気をつけていたつもりが、ふっと気が抜けていたのか、また普段はバックにあまり入れていない、iPhoneや鍵も入れていて、盗られたということにショックでした。
でも、このこと以降、注意するようになりましたし、2次的な被害もなかったので、まあ不幸中の幸いで、良い勉強をしたと思っています。

投稿: | 2014年1月24日 (金) 13時45分

こんにちは!
あぁ~哀しい出来事でしたね・・・・・
なんて言葉をかければ良いのか解りませんが、許して忘れて仕舞う事が一番かも。
難しいかもしれませんが、思い出すと
また悲しくなって仕舞うでしょうから・・

投稿: シオヨン | 2014年1月25日 (土) 07時02分

シオヨンさん 温かいお言葉有難うございます。
確かに事件直後はショックでしたが、今は冷静に考えると、ちょっと高い授業料だったけど、良い勉強になったと思っています。
私が感じたことや学んだことを、少しでもお伝えできればと思っています。
有難うございます。

投稿: Khaaw | 2014年1月25日 (土) 07時16分

khaawさん、

それはそれはとんだ災難でしたね。
でも、ケガをしなかっただけでもほんとうによかった。

私も米国でパスポートも現金もPCもすべてを盗まれたことがあります。
まさに災難でしたが、私の場合、ちょっといい思い出にも繋がっています。
そのあたりの詳細は、拙ブログの
「M29.米国ですべてを盗まれた -忘れられない夕食-」に書きました。

大事なものもあったことでしょう。
ショックだったとは思いますが、
それでも「荷物だけだったンだから」と、
気持ちが一刻も早く元気になるよう祈っています。

投稿: はま | 2014年1月25日 (土) 10時13分

はまさん、暖かいコメント有難うございました。はまさんの記事を開いて直ぐに、以前この記事を読んだのを思い出しました。
その時は、気をつけていても被害にあうことがあるんだなあと思ったのと、でも困ったときの人の親切のありがたさにも感激しました。
私も怪我がなかったのが幸いと思います。このあと続きの記事を書きますが、色々と周りの人にも助けてもらいました。
またよろしければ続きの記事も読んでみてください。
有難うございました。

投稿: Khaaw | 2014年1月25日 (土) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッグ盗難顛末記 (その1;発生編)/ A story of my bag stolen (chapter 1; happening):

« バンコク 早朝の鳥の声 / Birds song in early morning in Bangkok | トップページ | バッグ盗難顛末記 (その2;初期対応編1)/ A story of my bag stolen (chapter 2; First reaction 1) »