« 視界不良バンコク(酷いスモッグ)/ Invisible Bangkok in heavy smog | トップページ | バッグ盗難顛末記 (その4;後始末&反省編)/ A story of my bag stolen (chapter 4; recovery and review ) »

2014年1月27日 (月)

バッグ盗難顛末記 (その3;警察編)/ A story of my bag stolen (chapter 3; In a police station)

盗難にあったカード類の停止手続きを終え、続いて携帯電話屋さんにiPhone のSIMM停止依頼を、アパートには鍵の盗難にあったことを伝え警察に行くことにした。携帯は幸い日本語の通じる店で契約をしていたので直ぐに通じたし、アパートにはとりあえず鍵が盗難にあったことだけを伝えた。
サービスカウンターのお姉さんに、どこの警察に行けばよいのか聞くと、この店の所轄はトンロー警察だという。トンロー警察には行ったことが無かったが、大まかな場所を教えてもらい、タクシーで向かうことにした。

After I finished necessary proceedings for suspending my stolen credit card and debit card, I called to mobile phone shop for suspending my SIMM card. Fortunately, I could talk Japanese staff in the shop and make arrangement very smoothly. And then I called to a management office of my apartment for reporting my stolen key.
As I learned the responsible police station on the area, I went to Thonglor police station by a taxi with her information.

20140125002_2


警察署に入ると入り口近くに one stop counter と英語で書かれた窓口があったので、そこの若い警官に、カバンが盗まれ、被害証明が欲しいと英語で告げたが、どうもあまり通じない。彼が「insurance(保険)?」と聞くので「Yes, Certificate (そう、証明書)」と応えると、やっと隣の部屋を示しそこで待てという。
暫くして、少し年配の優しそうな警官が来て、英語の被害申告書用紙(Complaint foam)を私に手渡し、記入しろと言う。名前、住所、パスポート番号等とともに、事件の状況と盗まれたもの等を一通り記入し、幸い家内が持っていた私のパスポートのコピーを付けて提出した。

When I entered into the police station, I could find a sign of “one stop counter” written in English easily near the entrance door. I went to the counter and talked to a young police officer at the counter. Although I tried to explain my situation of stolen bag and my request of certification of police, the officer could not understand well in English. At last, he asked me “Insurance?”and I replied “Yes, Certificate”. He told me to sit and wait in the next room of the counter.
After I waited for a few minutes, middle- aged and gentle police man came into the room and hand me a paper of “Complaint foam” written in English. After filled up my information such as name, address and passport number as well as stolen goods and situation of incident, I handed it with photocopy of my passport, fortunately my wife had at that time.


彼は、私の書いた調書を読み、時々簡単な英語で補足の質問をしながら、それをタイ語に訳して調書を作っていく。まず最初に聞かれたのが、店内に防犯カメラがあったかと、犯人を見たかということの2点、どちらもないというと、あとは淡々と私の書いた申告書をタイ語に直していった。盗まれたもののリストの中にカード類があるのを見て、停止手続きを行ったかも確認してきた。私が既に手続きをしたと応えると、安心したように頷いた。

As he read my complaint form line by line and asked me some additional questions in easy English, he filled up report in Thai language. His first question was “Are there any safety camera in the restaurant? Did you see a thief or suspect?”. After I replied “No” to both questions, he kept to fill up the report without showing any emotion or interest on my incident. When he found words of credit card and debit card in my list of stolen goods, he asked me if I had already suspend these cards. As I replied yes, he nodded satisfactory.

20140127001

写真の右側が私が書いて提出した英文の報告書、左側が警察で作ってくれた証明書
Picture above; right side; complaint foam written by me in English, left side; certificate written by police in Thai

タイ語の調書の作成が終わると、最後に自分の名前とサインをして、その右側に、私の名前とサインをしろという。サインをするとカーボン複写の調書を1部渡してくれた。それを見ると私の名前以外はほとんどタイ語で、何が書いてあるのかさっぱり判らない。
これで手続きは終わりなので、もう帰っていいと言われたが、このタイ語の調書だけでは、どうも心もとないと思ったので、自分が書いた英語の申告書のコピーももらい警察を後にした。

After he wrote the report in Thai with his name and signature bottom of the paper, he told me to write my name and make my signature on the right side of his. And then he gave me a piece of carbon copy of the report. I found it was all written in Thai except my name and very few some other words such as iPhone and I was not able to understand what was written.
Although I was told you could go home, I asked him to give photocopy of my complaint form written in English since I was very worried about effectiveness of this report only written in Thai.

私の場合、海外旅行保険の対象にはならないが、カード類の再発行等に必要なこともあるかと思い証明書を作ってもらいに行った。
結果的にはタイで発行したあるメンバーカードの再発行に必要だったぐらいであまり必要なかったが、海外旅行保険(クレジットカードの付帯のものも)を適応する人には重要な手続きになるかと思う。タイの場合、手続きがその場その時で適当に変わるので、私の例がそのまま当てはまるかどうかは判らないが、少しでも参考になれば有難いと思う(もちろん、こんな手続きを取る必要がないのが一番なのだが)。

にほんブログ村のバンコク情報とタイ情報のアクセスランキングに参加しています。この記事が少しでも役にたったと思って頂けたら、下のバナーをポチッとしていただければ有難いです。ほかのバンコクやタイ情報のブログにもリンクできます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
有難うございました。

I know it is impossible to apply overseas traveling insurance to my case, but I thought it might be necessary of such certificate for reissuing some cards or documents, so I went to the police station.
As I result it was not necessary for me almost all case except for reissuing member card issued by a kind of association in Thai. In case you need to apply such overseas traveling insurance, or traveler's insurance with a credit card as collateral, such proceedings for certificate could be very important. I am not sure my case can be applied to every case in Thai since procedures in Thai is always flexible but it could be useful in some parts. Of course, it is the best you don’t need such procedure.

|

« 視界不良バンコク(酷いスモッグ)/ Invisible Bangkok in heavy smog | トップページ | バッグ盗難顛末記 (その4;後始末&反省編)/ A story of my bag stolen (chapter 4; recovery and review ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最後まで読ませて頂きました

Khaawさんの様に英語に堪能ならまだしも、やはり海外で盗難に遭うと大変そうです。

外国で盗まれたもう出てこないでしょうが、二次被害を防ぐようにすぐに手配をしないといけませんね。

大変参考になりました

投稿: omoromachi | 2014年1月27日 (月) 22時57分

痛い勉強になりましたね・・・・
思いきり参考にさせていただきます。
ポチッも何回もさせてもらいました。

投稿: | 2014年1月28日 (火) 18時12分

あっ!塚本でした

投稿: | 2014年1月28日 (火) 18時13分

omoromachiさん こんばんは
実は自分ではもう少しは英語は話せるかと思っていたのですが、とっさの時にはタイ語は勿論のこと英語もなかなか出てこなくて困りました。思い返せば「I was stolen my bag!」なんて訳のわからない言葉を叫んでいたような。今から考えれば赤面ものです。また申告書の英語もよく読めば間違いだらけです。
それでも、周りの人も何とか助けてくれようとして、なんとかなりました。あとは多少文法や言葉が違っても、言い続けることが重要だと思いました。
それも含めてよい勉強になりました。

投稿: Khaaw | 2014年1月28日 (火) 19時09分

塚本さん、お久しぶりです。参考にして頂ければ幸せです。
最初に書いたように、この記事書くの随分躊躇いました。
でも書いてみると、自分の頭と心の整理にもなって、また、皆さんからも色々と励ましの言葉も貰い、書いてよかったと思ってます。
もう1回、後始末と反省編を書いてこのシリーズを終わりたいと思っています。
本当によい勉強になりました。ただ同じ勉強はもうやりたくありませんが。

投稿: Khaaw | 2014年1月28日 (火) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッグ盗難顛末記 (その3;警察編)/ A story of my bag stolen (chapter 3; In a police station):

« 視界不良バンコク(酷いスモッグ)/ Invisible Bangkok in heavy smog | トップページ | バッグ盗難顛末記 (その4;後始末&反省編)/ A story of my bag stolen (chapter 4; recovery and review ) »