« バッグ盗難顛末記 (その1;発生編)/ A story of my bag stolen (chapter 1; happening) | トップページ | 視界不良バンコク(酷いスモッグ)/ Invisible Bangkok in heavy smog »

2014年1月25日 (土)

バッグ盗難顛末記 (その2;初期対応編1)/ A story of my bag stolen (chapter 2; First reaction 1)

20140119004_2

さて、バッグを置き引きされたのに気づき、ファーストフード店で騒いでいると、ほどなくトランシーバーを持ったショッピングセンターのガードマンがやって来た。周りのタイ人から犯人の様子等を聞いたのかトランシーバーで同僚?(入り口のガードマン?)に連絡をとっている。彼はほとんど英語が喋れなくて、動転している我々もまともなタイ語が出てくるわけもなく、私は彼に、ポリス、ポリスと叫ぶのだが、彼は「チャイ(はい)」というだけで、どうも警察に連絡している様子はない。
彼はファーストフード店長から店内に防犯カメラないことを確認すると、2階に一緒に来いと言う。もう犯人を捕まえるのは絶望的だと思いながら、彼についていくと、やっと英語の通じるカスタマーサービスの女性と話すことが出来た。

20140119007_2 20140119008_2

Soon after I spoke loudly with other customers and clerks of the fast-food restaurant, a young guard with walkies-talkie came to. After he listened story or witness(?) from surrounding Thai people, he seemed to talk to his colleagues, may be at gates, with his walkies-talkie. Unfortunately, he was not able to speak English well and my family and I had no Thai words to speak under such urgent and upset situation. I only spoke out loudly "Please call Police, Police" and he replied "Chai (Yes)" but it seemed he didn't contact police.
After he confirmed there were no security camera inside restaurant, he ordered me to follow him. I followed him and came to customer service counter on 2nd floor and I could talk with a lady who could speak English. At that time, I realized there were very very few possibility to find the thief.

彼女に経緯を話し、再度警察を呼ぶことを依頼するとともに、店内のトイレに中身の抜かれた財布やバッグが捨てられていないか確認してもらえるよう依頼した。トイレの捜索には直ぐに同意し手配をしてくれたが、警察を呼ぶのは無理だと言う。よく聞くと、タイの警察は、そこに犯人がいるとか、犯人を捕まえる証拠があれば来てくれるが、どこにいる誰か判らない犯人捜査のためにわざわざ来てはくれないという。つまり防犯カメラに犯人の証拠が写っていない以上、警察は呼べないという。これで、犯人を捕まえる可能性はほぼ無くなったと観念した。彼女によると、被害届と被害証明は、自ら所轄警察署に出向いて作ってもらわないといけないと言う。

20140119009_2

I explained situation again and asked her to call police to come to here and order workers to search my bag or wallet in all toilets in the shopping center. She agreed to search my bag in toilets and spoke to her colleagues by walkies-talkie, but she said could not call to police. Replying my question why didn't you call to the police, she explained that police could come only in case to have possibility to catch the thief or footage of the thief would be recorded in security camera, but for my case police could not come, since evidence of suspects were few. At this moment, I realized that possibility to find the thief became almost zero. According to her, If I want to have a certificate from police I need to go to a police station by myself and request a certificate by reporting my damage.

日本だと警官が来て、現場検証などをした上で被害証明も作ってもらえると思うが、タイでは、そんなに甘くはないのである。捕まえられる見込みもない犯人捜査のために、ノコノコと現場まで来てはくれないのだと思う。被害証明が欲しければ、自分で出向くしかないようだ。これが今回の出来事で得た教訓の2つ目である。

In Japan, I suppose policeman would come to the place of incident and then after their investigation police would make a certificate, but in here in Thailand, police would not come unless the suspicious person were there. It is second lesson I learned.


では、このカスタマーサービスの女性、何もしてくれなかったかというと、そうではなく色々と助けてくれた。まずバッグの中に何が入っていたのか聞き、私が、携帯(iPhone) やアパートの鍵に加え財布の中にタイの銀行のデビットカード(ATMカード)と日本のクレジットカードが入っていたと言うと、直ぐにカード類の停止の手続きをとれと言う。

Although she could not call a police, she advised and supported me many things. Just after I explained goods in my bag, i-Phone, key of my house as well as debit card (ATM card) and credit card in my wallet, she advised me that I should contact bank or credit company immediately by my wife's mobile for suspending my cards.

彼女は私の銀行のカスタマーサービスの電話番号を直ぐに調べてくれて、私の家内の携帯から直ぐ電話しろと言う。ただ残念ながら、話中で相手になかなか通じない。そうすると彼女は、ショッピングセンター内にその銀行の出張所があるのでそこに行って手続きをしろという(タイでは休日でもショッピングセンター等では多くの銀行の出張所のようなカウンターが開いていて便利)。慌てて、その銀行の出張所に行って事情を話すと、そこの銀行員が英語の話せる担当に電話で繋いでくれて、電話先の担当は、私の名前、支店名、誕生日、電話番号、パスポート番号等で私の口座番号を調べてくれて、なんとかデビットカードの停止することができた。加えて、今日は預金が引き出されていないこと、口座を開設した支店にパスポートを持って行けば、翌日のカードの再発行できることを教えてもらい、ちょっとほっとした。

20140119010_2


She checked phone number of customer service of my bank and let me call, however I could not contact there since it was continiously busy. Then she told me I should go to service counter of my bank in the shopping center instead keep calling. In Bangkok, many banks open their branch or counter in shopping mall even in holiday, my bank's branch was also there luckily. I went to the counter and explained situation to a clerk and she could call to a officer of consumer service maybe in headquarters who could speak English very well. I could manage to suspend my debit card with his kind support; he checked my account with my information such as; name, branch name, birthday, phone number and passport number. Also he confirmed no withdrawal recorded from my account on that day and arranged for reissuing new card next day at the branch of my account holding.

日本のクレジットカードの停止については、家内が私のカードのファミリーメンバーカードを持っていてカードの裏面に連絡先があったので、直ぐに日本に連絡した。ファミリーメンバーカードは末尾4桁以外は同じ番号だと記憶していたし、自分のカードの末尾の4桁は覚えていたので、家内のカードを見ながら何とか手続きをとることができた。この手続きの際、まず海外から電話していることを告げ、日本から折り返し電話をかけてもらい、通話料金を気にせずに手続きができたことも良かった。

20140126010m_2

For suspending my credit card issued in Japan, fortunately my wife had a family member card and I could find contact number in Japan at the backside of the card, so I could call from Bangkok.
I remembered number of card was almost same of my wife's card except last 4 digits, and I remembered number of last 4 digits of my card in mind. When I called to call-center in Japan, I explained first to an operator I was calling from overseas and asked her to call me back. And then I could receive a call from call-center and explain situation without worrying about charge of call.

今回は、こうして幸いなんとかいろんな人の助けを借りて連絡することができたが、こういった重要なデータはメモにして、財布とは別に持っておけばもっとスムーズに対応できたとつくづく思った。この事件のあと、このような重要な情報は小さなメモに整理して財布とは別に肌身離さず携帯するようにした。もちろんこういう事態に会わないようにするのが一番だが。
このクレジットカードだが、電話で再発行手続きをとって、約10日でバンコクの自宅に再発行されたカードが届いた。幸いにも、普段使っていない別のクレジットカードを自宅に置いていたので、新しいカードが着くまでは、この予備のカードを使うことが出来て良かった。複数のクレジットカードを同じ財布に入れている方もいると思うが、こういった事態を考えれば、できれば別々に持っていたほうが良いかもしれない。

This time like such I could struggle to contact and suspend my cards with kind support of many people, but I realized if had a memo with such information separately from my bag or wallet I would have been able to manage more smoothly. I provide such a memo with important information and always bring it separately and safety from my wallet or bag.
I was able to receive a credit card reissued in Japan almost 10days later, during waiting new card I was able to use another credit card of another company for emergency use which I keep in my house. I know some people keep 2-3 different credit cards in same wallet, but I would like recommend to keep in different place considering such emergency situation.

その他の手続きはまた次回の記事に書きます。

にほんブログ村のバンコク情報とタイ情報のアクセスランキングに参加しています。この記事が少しでも役にたったと思って頂けたら、下のバナーをポチッとしていただければ有難いです。ほかのバンコクやタイ情報のブログにもリンクできます。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
有難うございました。

For other recovery actions I had taken I will write in a next article, thank you.

|

« バッグ盗難顛末記 (その1;発生編)/ A story of my bag stolen (chapter 1; happening) | トップページ | 視界不良バンコク(酷いスモッグ)/ Invisible Bangkok in heavy smog »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッグ盗難顛末記 (その2;初期対応編1)/ A story of my bag stolen (chapter 2; First reaction 1):

« バッグ盗難顛末記 (その1;発生編)/ A story of my bag stolen (chapter 1; happening) | トップページ | 視界不良バンコク(酷いスモッグ)/ Invisible Bangkok in heavy smog »