« 三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) | トップページ | 三都比較、その3(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital (Part3)(Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »

2013年8月 2日 (金)

三都比較、その2(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capita, part2 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok)

2012030402_3

20120317001


前回は、三つの都市について、基本的なデータや言葉を比較しましたが、今回は観光の見どころや食事について比較してみたいと思います。

独立した王国として、また仏教国として長い歴史をもつタイは、エメラルド寺院や王宮等の歴史的建造物や文化遺産も多く、また、建物も、クメールやビルマといった近隣諸国様式に西洋様式と調和させたものなどバラエティがあり、微笑の国と言われるホスピタリティと併せ豊かな観光資源が魅力あるバンコクを形作っています。

Klには王宮や国立モスク等の観光名所となっている建物もありますが、王宮は外観をかなり遠くから見るだけで、また、数年前に新築され歴史ある建物ではないのが少し残念です。KLはなんといっても、ダウンタウンのペトロナスツインタワーとメナラタワー(Menara)が周辺の高層ビルと独特の景観を形成しており、これが一番の見所ではないかと思います。また、王宮や独立記念塔は、起伏ある公園や緑地の中に位置しており、またペトロナスツインタワーの裏もきれいな公園になっており、これらの公園は観光客だけではなく、市民の憩いの場になっているようです。こういった起伏があり綺麗な公園は、バンコクにはないので、KLが少し羨ましく思いました。

シンガポールは、大商業都市であり、ダウンタウンの高層ビル群とチャイナタウンやリトルインド等の古い町がモザイク状に混ざり合っており、色んな顔をしたシンガポールを楽しむことができます。シンガポールの名前から作られたマーライオンは、世界三大がっくりなどど揶揄されることもあるようですが、マーライオンをバックに写真を撮るのは、やはり定番中の定番でしょう。3年前に完成した対岸のマリーナベイサンズを背景にした構図も新しい名所となっています。シンガポールには、ナイトサファリ、ユニバーサルスタジオ、それからマリーナベイサンズにできたカジノなどアミューズメント施設も充実しています。

20130721111


I compared three cities on basic data and language last time and I would like to compare tourist spots and dishes this time.

Thailand has long history of independent kingdom and religious Buddhist country, and has tremendous historical and cultural places to visit such as the royal palace, temple of the emerald buddha (Wat Phra Kaew ) , Wat Po and so on. Also there are a lot of variety of attractive buildings and performance influenced by Khmer or Burmese and harmonized with western style.
In KL, there are a lot of tourist sopts such as Royal Palace (Istana Negara), National Mosque and National Monument but they were built relatively new and for the Royal Palace tourists can only glance from the distance. On the other hands, I was very impressed by the iew of Petronas Twin Towers and Kuala Lumpur Tower combined with sky scrapers in downtown which forming unique scene. I noticed these important monuments and buildings are located in beautiful park or green belts in hilly area and these parks are popular to citizens of KL as well as tourists. I feel a little bit envy since such beautiful places are very scarce in Bangkok.
Gigantic commercial city Singapore has unique patch-work landscape with sky scraper in downtown and old town such as China town and Little India and shows a lot of face to visitors. Merlion sometimes called one of the most disappointing place in the world but you cannot help to visit and take a picture with it since it is symbol of the city and relating origin of name of the city. Also it becomes attractive again. In Singapore, there are many attractive amusement such as night safari, Universal Studio Singapore and recently opened huge Casino in Marina Bay Sans.

20130721110_2


タイ料理は宮廷料理、有名なトムヤムクンや屋台の麺類まで豊富に揃っており、また調味料やスパイスの種類も多く、豊かな味わいのタイ料理は日本でも人気です。ただ、かなり辛いのとパクチー(香草)などの匂いのきつい料理が苦手な人は、タイ料理は少しつらいかもしれません。
マレーシア料理には、サテ(ココナツたれの焼鳥)やナシレマ(Nasi lemak)(ココナッツミルク炊き込みご飯)など美味しいメニューもあり、また、中華料理やインド料理も気軽に楽しめます。ただ、大衆的な料理が多く、あまり手のこんだ高級料理はないように感じました(出会えなかっただけかもしれませんが)。味付けは、全体的にタイ料理ほど辛くはなく、日本人にも食べやすいように感じましたが、一方、やや薄味でコクも少ないように感じました。
シンガポールの料理の魅力はやはり、本格的な、マレー料理、中華料理、インド料理や新鮮なシーフードを気軽に楽しめることだと思いますが、一方、バクテーフィッシュヘッドカレーといった、名物料理があまりないのが少し寂しいところかもしれません。あと、これは仕方のないことなのですが、料理の値段は、他の2つの都市に比べるとかなり高くなってしまうのは、旅行者にとっても少々つらいところです。

こうしてみると、独自の文化や伝統を持ち豊富な観光資源と料理を持つバンコクに一日の長があるかもしれません。短期間の滞在では見たり味わいつくせない奥深さのようなものを旅行者に感じさせるのかもしれません。住んでるものの偏見かもしれませんが。ただし、こういった魅力をもっと感じようとするとまた苦労するのが、バンコクでもあります。交通事情等の比較は、また次回、近いうちに。

本日も長文にお付き合いいただき有難うございました。
日本ブログむらのアクセスランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとしていただければ嬉しいです↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
明日の励みになります。有難うございました。

20130722110


Thai cuisine has a lot of variety from noble cuisine to casual dishes at vendor stall or famous cuisine “ Tom yam kun” and with a lot of seasonings and spices. However they are very spicy and strong flavor such as coriander, so person who don't like such strong taste might have problem with Thai dishes.
Malaysian Cuisines has also variety dishes such as famous “Satay”, grilled skewered chicken with peanuts sauce or “Nashi Lemak”, boiled rice with coconuts milk. And also you can enjoy Chinese or Indian dish very easily in KL. But I feel many Malaysian dishes are very casual, of cause it could not be bad, but a few sophisticated or noble cuisine in Malaysia, I suppose. They are generally not so strong nor hot and very easy to eat to Japanese, but I feel a little bit insufficient with tastes.
Strong point of Singapore dishes could be very easily to taste many kind of dishes such as all kind of Chinese, Malaysian, Indian and fresh sea-foods. But very limited original cuisines except fish-head curry or “Bak Kut Teh”. And I regret to say price of dishes in Singapore is much higher than other two city.

It could be advantage for Bangkok which has original and traditional culture and a lot of attractive creature, performance and cuisine. Visitors could be captured feeling profound attraction which can not be explored in a few days, I might have a little bit biased thinking. However, when visitors try to find much more deeply, they may find difficulty. I would like to examine the situation of transportation in next time in near future.

20130722111

|

« 三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) | トップページ | 三都比較、その3(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital (Part3)(Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三都比較、その2(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capita, part2 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok):

« 三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) | トップページ | 三都比較、その3(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital (Part3)(Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »