« フィッシュヘッドカレー/ Fish head curry | トップページ | 三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »

2013年7月29日 (月)

バクテー(肉骨茶)in クアラルンプル/Bak kut teh; Chinese Herbal Pork Ribs Soup in KL

ぶつ切りの豚の骨付きあばら肉や内臓肉を漢方薬に用いる八角・シナモン・胡椒等のスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、マレーシアやシンガポールで有名な料理。白菜やしいたけ・油揚げのようなものも入っていて、中国語で肉骨茶と書き、ウーロン茶のような色であるが、実際にお茶は入っていなくて、色々なスパイスを煮出したものらしい。骨の周りの肉に独特のスパイスの効いたスープが浸み込んでいるが、結構あっさりしていておいしい。ただ、一番の美味しい骨周りの肉はかぶりつかざるを得ず、あまり上品な食べ方はできない。

にほんブログ村のアクセスランキングに参加しています。もしよろしければ下のボタンのクリックをお願いします。明日の励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
有難うございました。

Img_1280

Bak kut teh,famous Chinese herbal pork ribs soup in Malaysia and Singapore. It consists of meaty pork ribs and offal simmered in a complex broth of herbs and spices (including star anise, cinnamon, cloves, garlic and so on) and Chinese soy sauce for hours with some vegetables such as Chinese cabbage, brown mushrooms and fried to-fu.
Literally means in Chinese character is “meat–bone-tea”and colour of soup looks like oolong tea but no tea seems included.
You can enjoy unique herbal taste of pork ribs meats and but not so strong tastes in spite of impression of looking. However it could be difficult to eat this soup elegantly since you need to bite meals with bone.

|

« フィッシュヘッドカレー/ Fish head curry | トップページ | 三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バクテー(肉骨茶)in クアラルンプル/Bak kut teh; Chinese Herbal Pork Ribs Soup in KL:

« フィッシュヘッドカレー/ Fish head curry | トップページ | 三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »