« バクテー(肉骨茶)in クアラルンプル/Bak kut teh; Chinese Herbal Pork Ribs Soup in KL | トップページ | 三都比較、その2(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capita, part2 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »

2013年7月31日 (水)

三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok)

最近、クアラルンプル(KL)とシンガポールを駆け足で周る機会があり、今住んでいるバンコクとは、かなり違った面があり、比較するのも面白いと思い、少しまとめてみました。
世界渡航先ランキング(マスターカード、2013年5月発表)というのがあり、それによるとバンコクは堂々の世界1位で年間1600万人、シンガポールが1180万人(世界4位)、KLが920万人(世界8位)だそうで、東京580万人(世界16位)よりもずっと多くの人が、この三都を訪れているのを知って少し驚きました。この三都は東京よりずっと国際観光都市なのですね。もう少し詳しいデータをお知りになりたい方は以下のアドレスを参照してください。http://www.mastercard.co.jp/company/newsroom-130528.html
http://c15210660.r60.cf2.rackcdn.com/wp-content/uploads/2013/05/MasterCard-Global-Destination-Cities-2013-Report.pdf
20130721101_2


Recently, I have an experience to visit Kuala Lumpur and Singapore in short time and I learned many different points from Bangkok where I live in now and I would like to try to compare these there capitals. According to a “Global Destination Cities Index” published by Master card in May 2013, Bangkok is the best city in the world and almost 16 million peoples are estimated to visit Bangkok and Singapore and Kuala Lumpur are 11.8 million (4th place) and 9.2 million (8th place) respectively. I was a little bit surprised to know these cities are much more international city since Tokyo is 5.8 million and 16th place. Please refer to below address for more details.
http://c15210660.r60.cf2.rackcdn.com/wp-content/uploads/2013/05/MasterCard-Global-Destination-Cities-2013-Report.pdf

この3つの都市、それぞれ一長一短があると思うのですが、個人的な感想で大胆に言えば、観光客として少し長めに滞在するか何度かリピーターとして訪れたくなるのがバンコク、ショッピングや色んな料理やアトラクションを効率的に楽しむのにはシンガポール、観光客というより住んで暮らしやすいのがKL、あるいは、他の観光地の経由地としても便利なところかも知れません。あくまで個人的な感想です、そう考えた訳を少し詳しく書いて見たいと思います。

Three cities have different advantage and disadvantage in many aspects and difficult to simplify, however I would like summarize these cities as follows by my very personal opinion;
Bangkok; the best city to visit as tourists relatively longer term at least one week or more or to visit repeatedly
Singapore; the best city enjoy many kind of shopping, meal and amusement in effectly in short time
Kuala Lumpur; the best city to live as a citizen and enjoy life or good location as hub city to visit other attractive place.
Although this my personal opinion, I would like explain the reason why I consider such, below.

2012030401


まず、数字が多くて恐縮ですが、バンコクの人口が約820万人(バンコク圏で1450万人)、KLが160万(KL都市圏が580万人)シンガポールが530万人でバンコクの人口の多さにやはりびっくりします。

タイは、タイ族が75%(中国系14%)、ほとんどが仏教徒なのに対し、マレーシアはマレー系が67%で、中国系25%、インド系7%と多民族国家で、イスラム教徒が約60%で連邦の宗教となっています。一方、シンガポールは中華系77%、マレー系14%、インド系8%と中華系が多くなり、宗教は中国系を中心に仏教(中国浄土教33%)、道教(8%)、インド系を中心にヒンドゥー教(4%)に加え、民族横断的にキリスト教(約15%)の信仰も多く、まさしく人種と文化の混ざり合った都市国家となっています。

タイ語が唯一の国語であるタイでは、残念ながらタクシーやお店で英語を話せる人が少なく、また、タイ文字が非常に難しいので、この3つの都市を比較すると、言葉の面ではバンコクが旅行者にとっては一番苦労する街だと思います。
マレーシアはマレー語が第一言語ですが、英語が第二言語になっており、英語の話せる人の割合はバンコクよりずっと多いと感じました。また、マレー語はアルファベットで表記されているので、意味は分からなくても発音はできるので、外国人にとってはタイ語よりはすっと馴染みやすいように感じました。
シンガポールは、英語、マレー語、中国語、タミル語(インド系)の4つの言葉が公用語であり、地下鉄などでも並列して記載されています。ただ、ほとんど人が英語での会話は問題ないようです。英語以外の言語は我々日本人観光客にとってはあまり関係ないかもしれませんが、経済発展の目覚しい中国やインドにとって、シンガポールは行きやすい街だろうと思いました。

なお、余談ですが、チャンギ空港や中華街等主要な観光地では、日本語の表記もあり、日本への配慮も感じさせられ少し嬉しくなりました。
さらに余談ですが、シンガポールやKLの方(特に中華系?)の英語は早い上に独特の発音(いわゆるシンギッシュ)の方も多く、あまり英語が得意でない日本人にとっては、ちょっとつらいこともありました(タイ人の英語の発音も独特な部分もありますが)。

このように、タイは旅行者にとって、決して楽な場所ではないと思うのですが、それでも、バンコクには多くの人を惹きつける魅力があると思います。少し文章が長くなりましたので、そのあたりは次回の記事で、近日中に。

本日は、長文をおつきあいいただき有難うございました。
にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、下のボタンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村
明日の励みになります、有難うございました。

20130722101

I need to figure out some basic data for comparison even though it could be boring.
Population ;Bangkok, 8.2 million (Greater Bangkok 14.5 Mil),Luala Lumpur, 1.6 Mil (Greater KL 5.8 Mil) and
Singapore 5.3 Mil.
Demography;Thailand, Thai 75%, Chinese 14%, More than 90% Buddhist, Malaysia, Malay 67%, Chinese 25%, India 7%, Muslim 60% (National religion), Singapore, Chinese 77%, Malay 14%, India 8%, Buddhist (Chinese Buddhist)33%, Christian 15%,Taoism 8%.
So we can understand Singapore is really crossroad of people and culture.

In Thailand where Thai is only official language, unfortunately very few taxi driver or salesperson in shop can speak English fluently and Thai character is very difficult to read, so travelers in Bangkok has more trouble in communication than other cities.
The first official language in Malaysia is Malay but second language is English so mush more people can speak English than Thailand, also Malay is written in alphabets so easy to pronounce.
In Singapore, four languages, English, Malay, Chinese and Tamil (one of Indian language) are official languages, but almost all people seems can speak English very fluently in Singapore. However some people in Singapore or KL particularly Chinese Singaporean speak very fast with unique pronunciation so called Singish so for many Japanese who are not so fluent English might be hard to talk.
Three language other than English could be not much no meaning for many Japanese, however for Chinese or Indian where economic developed rapidly it could be very attractive place to visit.
By the way I was a little bit happy to found many Japanese are written in sign- boards in important place or tourist spots such as Chiangi airport or street of China town.

Considering these circumstance, Bangkok could not be an ideal place to visit for tourists , even so Bangkok has many attractive character for the tourists, So I would like to examine in details in next article in near future.

|

« バクテー(肉骨茶)in クアラルンプル/Bak kut teh; Chinese Herbal Pork Ribs Soup in KL | トップページ | 三都比較、その2(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capita, part2 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

khaawさん、こんばんは
アジアの主要都市の説明わかりやすくためになりました。
渡航先のランキングでシンガポールよりバンコクが多かったのは意外でした。
東京よりずっと多いのですね。私達は東京がアジアの一番の都市と思いがちですが世界的に見ると違うのかも知れませんね。
Khaawさんのように世界を色々見て来たからではの視点で話されていて、旅行するときの参考になりそうです。
次回も楽しみにしています。

投稿: omoromachi | 2013年8月 1日 (木) 21時00分

omoromachiさん、こんばんは、コメント有難うございます。
実は、今回、KL、シンガポールと駆け足で回って、色々と面白かったので、三都を比較しようと、安易に記事を書き始めたのですが、書き始めると意外に難しく、すごく長い文章になってしまいました。もっと簡単に判りやすく書けるかと思っていたのですが、少し後悔しています。
でも折角書き始めたので、なんとか、あと2,3回で纏められればと思っています。
少し冗長な記事なるかも知れませんが、お付き合いいただければ幸いです。
Khaaw

投稿: Khaaw | 2013年8月 1日 (木) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三都比較、その1(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capital, Part1 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok):

« バクテー(肉骨茶)in クアラルンプル/Bak kut teh; Chinese Herbal Pork Ribs Soup in KL | トップページ | 三都比較、その2(クアラルンプル、シンガポール、バンコク)/Comparison of Three Capita, part2 (Kuala Lumpur, Singapore, Bangkok) »