« ナーナー駅/ nana station | トップページ | ロティサイマイ、タイ式綿菓子クレープ包み/ Roti saimai; silky candy lapped with crape »

2012年11月29日 (木)

ロイクラトン・灯篭流し祭り/ Loy-krathong; Floating lanterns festival


Img_0648
Img_0643

陰暦の12月の満月の夜に、その年の収穫への感謝と罪や汚れを流し落とすためにクラトン(バナナの葉などで作った小さな筏に花や線香やろうそくを乗せたもの)を川や池に流すロイクラトンの祭りが昨日(11月28日)行われた。自分で作ったり、屋台で購入(50バーツから200バーツくらい)したクラトンに火をつけ、チャオプラヤ川や公園内の池に浮かべて、祈りを込めて静かに流す。恋人たちは、自分たちの恋が末永く続くことを祈って真剣な眼差しで自分たちの流したクラトンを見つめている。

I enjoyed Loy-krathong (floating lanterns) festival yesterday, it is held on 12th full moon day on lunar calendar. In the festival, people float Krathong on rivers, ponds or pool representing their thanks for good harvest to spirit of water also hoping to wash away their sin and uncleanness.
It is decorated with flowers, incense sticks and candles on small rafts of banana leaves and other materials. People prepare it by making themselves or by purchasing from street venders (cost around 50 to 200 THB) and fire on candles and let them to float calmly with their wishes. Lovers watch their Krathong with earnest eyes with wish for their never ending love.

Img_0653


|

« ナーナー駅/ nana station | トップページ | ロティサイマイ、タイ式綿菓子クレープ包み/ Roti saimai; silky candy lapped with crape »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

日本にも灯篭流しがありますが、やはりタイのは少しニュアンスが違うようですね。

記事を読んでみて、私なりにはタイのクラトン流しの方が好きですね。

いま生きている自分たちの一年間の感謝と反省、それから大切な未来への祈りが込められていますね。

投稿: 自由人 | 2012年12月 4日 (火) 05時12分

自由人さん、ありがとうございます。
タイの人々も仏教の教えを信じているので、来世の考えもあるようですが、やはり現世に対する思いのほうが強いように感じられます。
いずれにしても、水面にゆれるロウソクの光を見ていたら、現世の辛さをひと時でも忘れ、心が洗われる気持ちになることは確かなような気がします。
(何故か同じレスがロティサイマイの記事にのってしまいました。失礼しました)

投稿: khaaw | 2012年12月 4日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイクラトン・灯篭流し祭り/ Loy-krathong; Floating lanterns festival:

« ナーナー駅/ nana station | トップページ | ロティサイマイ、タイ式綿菓子クレープ包み/ Roti saimai; silky candy lapped with crape »