« 国王賛歌/Royal anthem | トップページ | ドリアン/Durian »

2012年9月12日 (水)

北京ダック/Beijing Duck


北京ダックは、パリパリの皮に野菜を添えてテンメイジャン(甜麺醤)を付けてポーピンを巻いて食べるのは日本もバンコクも同じ。こちらは1匹丸ごと注文し、中の肉はチャーハンや肉料理に、骨がらはスープにするのが本場北京と同じ。だから、北京ダック以外の料理も楽しもうと思えば 少なくとも5~6人集めることが必要。

Beijing Duck, crisp skin served with cucumber, green onion and Tenmenjan; Chinese sweet miso sauce, and be rolled by Poping; thin Chinese crepe, this is common style same as Japan. But we need to order whole one duck and inside meal would be cooked for other dish such as fried rice and bones would be served as a soup, this is same as Beijing. If you want to also enjoy other dishes such as dim sum, you need to go to restaurant with at least 5-6 guests.

2012912


|

« 国王賛歌/Royal anthem | トップページ | ドリアン/Durian »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

塚本です。一羽おいくらですか?ふかひれに、かににダック!やはりタイに行かねば!

投稿: | 2012年9月24日 (月) 17時04分

確か、チャーハンとスープもついて、一匹、1200バーツだったかと。やっぱり結構高級料理です。でも4人で食べても満腹になりますので、ひとり300バーツで満足できます。

投稿: khaaw | 2012年9月24日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京ダック/Beijing Duck:

« 国王賛歌/Royal anthem | トップページ | ドリアン/Durian »